TOP > IT・テクノロジー > BtoBに衝動買いはない? 見込み顧客の獲得と育成を押さえたBtoBマーケティングの基本:MarkeZine(マーケジン)

BtoBに衝動買いはない? 見込み顧客の獲得と育成を押さえたBtoBマーケティングの基本:MarkeZine(マーケジン)

 企業(法人)を対象としたビジネスはこれまで「営業」が重要な役割を担っていましたが、近年は分析ツールの発展や購買プロセスの多様化などにより「マーケティング」が重要視されるようになりました。その考え方や手法を基本から解説したのが『デジタル時代の基礎知識『BtoBマーケティング』』です。今回は本書から、BtoBマーケティングの基本をしっかり押さえておきたい方に...

ツイッターのコメント(42)

BtoBのマーケティングってなに?っていうのが、この記事で全部まとまっててすごいわかりやすいです。
BtoCとの違いって、なんとなくしかわかってない人多いと思う。
とても勉強になります。
地方では、toBマーケ/toCマーケのポイントが混在するところがあります(価格とか)
なぜなら個人事業主が多いため。
営業作戦会議に参加させてもらってとても勉強になった!よいコンテンツをつくって訴求する、はそうなんだけど、営業の方はどの業界のどの企業のどの担当者とお話しするかまで具体的なのよね。
次は参加させてもらって、とかじゃなくて周辺情報もっと読み込んで参加しないと🤔
BtoBマーケティングの最終形は、リードジェネレーションとリードナーチャリングを一気通貫で推進して、見込み顧客と継続的なコミュニケーションを図ること

@markezine_jp
情報がほしいのにメルマガ送りつけてくるの冷静に考えて迷惑だから長く続かないよね。
BtoBには確かに衝動買いはないけれども、しがらみ買いは結構あるような気がするんだよなぁ。
わりとマーケとは??にスパッと答えられる人いないと思う。でもウェブ解析士なら余裕だよね?!?!
- マーケティングの理想はセールス(販売)を不要にすること
- BtoBに衝動買いはない => 極めて合理的な意思決定がある。稟議に必要となる情報を求める。
BtoBマーケティングの基礎知識「05:BtoBは営業部門がメイン」
BtoCのマーケを参考にして、この営業部門を置き去りにしている人がかなり多い。BtoBマーケは営業部門のデジタル化無くして上手くいくことはない。だからマーケロボはセールスマーケに全力注いでいる。
学びが深い。/
簡潔に書かれてて分かりやすい。
見やすくまとまっていて、toBとtoCで求めるコンテンツの違いなどは参考になりました
BtoB(素材)で、衝動買いしてくれる程の成分ブランディングが出来ないものか。社会課題を解決するなどして他人に伝えたくなるような超絶エモいストーリーがある素材。
toBとtoCの違いを始め、基本がとてもわかりやすくまとまっている…!

そのうち研修とかで使えそう🤔
これはすごい。細かい。
「基本」ではありますが、まだまだお客様と関わるとき、施策、アプローチ粒度を細かくできていないことも多い。
「決裁」一つ取っても深いし
ステップが多ければ『衝動買い』じゃないんですか???
BtoBにとって、マーケティングという売上発生装置をつくり、それを動かす組織を整備することは経営そのもの

そしてその装置が正しく機能しているかを常に監視し、改善していくことが安定した売上につながる
非常に良いまとめ
上手くB2Bマーケが纏まっていて最近読んだコンテンツの中で一番良かった。

ターゲット・商品によって購買の意思決定プロセスが異なる中、どうマーケティングを実行すべきか。

B2Cと比較しつつ、経験から頭の中にあったイメージが言語化・視覚化されていてスッキリ。
すごくよくまとまってます!
BtoBのアプローチの仕方やBtoCとの違いなど、BtoBマーケティングのことが図解で書かれていてすごくわかりやすいです。
Marketingとセールスの違いという基本からBtoBとBtoCの売り方の違いまで、完結に「1ページ」にまとまっている。いいね。
これは良記事過ぎますね。書籍とともに必読。
B向けマーケの基礎がわかりやすく書かれてる。
>BtoBの顧客は、新しい技術情報や、求めている商品・サービスの仕様や価格、導入事例や導入後の成果など、稟議に上げるときに必要な検討材料を欲しています。

この表現いいなー。
この記事、読みやすいしわかりやすい◎
見込み顧客の獲得と育成を押さえたBtoBマーケティングの基本知識
【リードジェネレーション】新規の見込み顧客を獲得するためのマーケティング施策
【リードナーチャリング】関心度の高い見込み顧客を営業に引き渡すマーケティング施策
『まずは少額で施策を立ち上げ、成果に応じて徐々に投資金額を上げていく』
業務改善もそうですがここができるかどうか。

「進みながら修正していく」
ですね。

見込み顧客の獲得と育成を押さえたBtoBマーケティングの基本:
すごく体系的にまとまっておる。
書籍内容加味した記事だけあってBtoB
、BtoCの違いを含めて分かりやすかった。
簡潔にまとまっていて、かつ図がとっても分かりやすくてさすが。
綺麗にまとまってると思います。再確認できた
是非うちのクライアントさん達にも読んでもらいたい。
2012年にB2Bに特化したデジタルマーケティング会社の立ち上げやって、2014年に日経BPで講座つくってそこから6年を経て、ようやくこういうまともな記事が出てきた(と思ったら志水さん監修)
toBマーケの話だけじゃなく、toBマーケとtoCマーケの違いが分かりやすくまとめられてる。

toBからtoCにきた人は「合理性」を大事にしすぎるきらいがあるのでいかに人間の非合理な行動に寄り添えるかがポイントな印象。
最近はリードナーチャリングって2万回くらい唱えてるし夢の中でもコールしてる毎日(醒めてほしい) VIS THE MODELをはやく創ってお客さんと社員が楽しく働ける世の中をつくりたいよ。
まさにここの移行期。ヴィスのお友達は読んだら面白いんじゃないかな。
わかりやすい!
だからこそ積み重ねが大事。
見込み顧客の獲得と育成を押さえたBtoBマーケティングの基本...
以上
 

いま話題のニュース

PR