TOP > IT・テクノロジー > サブスク時代に重要な「カスタマーマーケティング」とは?カスタマーサクセス×マーケティングの可能性 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

サブスク時代に重要な「カスタマーマーケティング」とは?カスタマーサクセス×マーケティングの可能性 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

21コメント 登録日時:2020-05-19 08:06 | MarkeZine(マーケジン)キャッシュ

 BtoB SaaS企業にとって、既存顧客と良好な関係を作り、LTVを向上させる「カスタマーサクセス」は重要な戦略の一つだ。そして今、このカスタマーサクセスをスケールさせ、売上拡大につなげる「カスタマーマーケティング」という新たな考え方に注目が集まっている。本連載では、「カスタマーマーケティング meetup」を主宰する長橋明子氏、Sa...

ツイッターのコメント(21)

マーケティングがあらゆる領域に活用される時代で、マーケター以外もマーケティングスキルが求められています!

・カスタマーマーケティング
・採用マーケティング
・売れるデザイン
・営業の自動化

これはもはや
Marketing is eating the world
と言ってもいいのでは?
発足からブレていない。

(3/3):MarkeZine(マーケジン)
自分はマーケティングする側でもあり、会計ソフト会社からはマーケティングされる側でもあるし、ときにクライアントさんのマーケティングをサポートすることもあるので、長橋さんのこちらの記事はとても勉強になる✍️✨
カスタマーマーケティング🙄

既存の顧客に対してマーケティング施策を実施、リード管理してアップセルやクロスセルの機会を創出、既存顧客からの売上拡大につなげる

サブスク時代に重要な「カスタマーマーケティング」とは?MarkeZine(マーケジン)
・カスタマーマーケの対象は既存顧客に留まるものではない
・既存のマーケティング機能そのものを「カスタマーサクセス」オリエンティッドなものにアップデートする
「マーケティング施策を実施し、リードを管理してアップセルやクロスセルの機会を創出して既存顧客からの売上拡大につなげよう、というのがカスタマーマーケティング」
ユーザーはサクセスしたい訳だし、サクセスベースのコンテンツをどんどん配信していくのは合理的だよね(・∀・)
リソースとコストの問題でユーザーにかける時間は限られている。でも、本当は同じくらい熱い温度感で向き合いたい。
既存顧客のマーケ費用は新規顧客の5分の1ともいいますし、理にかなってますね。
そうですよね。 / (MarkeZine)
ユーザー同士の関連性(影響を与える側or受ける側)を既存データから読み解いた上で、効果的にハイタッチないしはテックタッチのcsに繋げる必要性はありそう。企業努力で何とかするではなく、可能な限り顧客にも分散した効率的な取り組みが必要そう。(経験談)
「既存顧客に対してサクセスを支援するマーケティング施策を行うと同時に、潜在顧客に対してもサクセスを中心としたマーケティング・コンテンツを届け、既存顧客から潜在顧客への波及を狙う。これが、カスタマーマーケティングが目指すところ」
Markezineにてカスタマーマーケティングの連載が始まりました! での議論の成果です。第1回目は、カスタマーマーケティングとは何なのか、なぜ今必要なのかについての解説です。CS、サブスクマーケに関わる方に読んでもらいたい!

@markezine_jp
自社都合ではなく、顧客志向であること、顧客の成功を支援すること
最近たまに見かけるようになった「カスタマーマーケティング」について。いわゆる「グロース」領域と重複しそう。
スケール可能なカスタマーサクセス、SSAメンバーとしてすごく気になるのでこの連載楽しみ
@akiko_n さん🥰 次回気になる。「既存のマーケティング機能そのものを「カスタマーサクセス」オリエンティッドなものにアップデートすること」/ (1/3): @markezine_jp
サブスク時代に重要な「カスタマーマーケティング」とは?カスタマーサクセス×マーケティングの可能性...
以上

記事本文: サブスク時代に重要な「カスタマーマーケティング」とは?カスタマーサクセス×マーケティングの可能性 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

いま話題の記事