TOP > IT・テクノロジー > アドテクが違法になる日、「UXインテリジェンス」が必要になる (1/4):MarkeZine(マーケジン)

アドテクが違法になる日、「UXインテリジェンス」が必要になる (1/4):MarkeZine(マーケジン)

12コメント 登録日時:2020-03-17 09:11 | MarkeZine(マーケジン)キャッシュ

 これは架空の物語である。「あなたは永遠の命を手に入れることができます。あなたのサイボーグを作りたいのです。あなたのすべてのデータをコピーさせてください」と神が耳元でささやく。さて、あなたは、自分自身のすべてのデータを差し出すだろうか?...

ツイッターのコメント(12)

サービスに関わる全ての人必読の良記事!

「法、社会の規範、市場、アーキテクチャ」の4つの制約条件を前提とし、
「データのメリットを、ユーザーだけでなく社会に還元する
という精神を実現する企業が生き残り、卓越したUXを提供し、ビジネスを成長させる」

@markezine_jp
クッキーが規制されようとも、ブラウザから排除されようとも、何らかの代替手法でかいくぐっている状況は根本的な解決とは程遠い😇
「三方良し」になるためにはどうすればいいのか…🤔

MarkeZine(マーケジン)
前半はわかるが後半はわからん。
データをユーザに還元していく意識があっても規制されてしまえば使えなくなるのでは…。
その意識が重要だというのは共感。
”個性”をAI学習…自分の身が商売になるタレント、アイドル等もその著作権規定しないと。UXインテリジェンスは、作る人もだけど売る人もデータは金儲けの道具じゃないという意識を持たないと×
evilに考えずに、社会への意義を考えよう。

> データのメリットを、ユーザーに還元し、社会にも還元するという精神を実現する企業が生き残り、卓越したUXを提供し、ビジネスを成長させる。

@markezine_jp
人間が半分サイボーグになる話からデータと広告の話まで
普通におもしろい内容でした

データに関わる業界の方は頭に入れておいたほうが良さそうな内容でした
最近まーけじんが、あどてくに対して警鐘をならしててとても面白い
前半(1,2ページ)と後半(3,4ページ)がレッシグと藤井さんでガチッとつながり、入口と出口を村上さんで締めるという素晴らしい論考。我々はせっせといい仕事をしていきましょう。
MarkeZine(マーケジン)
1.精神
第一段階:「データ自体は金儲けの源泉ではない」
第二段階:ユーザーに還元する思想があるか(不義理でないか)
第三段階:社会貢献につなげる思想があるか
最近覚えた、CMP。
ユーザー中心の世界に。
以上

記事本文: アドテクが違法になる日、「UXインテリジェンス」が必要になる (1/4):MarkeZine(マーケジン)

いま話題の記事