TOP > IT・テクノロジー > 現役社員が語る、P&Gのマーケティングが強い理由 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

現役社員が語る、P&Gのマーケティングが強い理由 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

16コメント 登録日時:2020-01-15 08:06 | MarkeZine(マーケジン)キャッシュ

 2019年11月20、21日にb→dash主催のマーケティングカンファレンス「MiXER 2019」が開催された。本記事では「The P&G Way マーケティング・プリンシプル ~現役P&Gブランドマネージャーたちが語るマーケティングのすべて~」のセッションの模様をレポート。セッションの中では、現役P&G社員がマーケティングに取り組む中で大...

ツイッターのコメント(16)

大手もD2Cに入って来るのか
むーー

(3/3):MarkeZine(マーケジン)
記事化ありがとうございます!
@markezine_jp
パンパースなど、P&Gが展開するブランドはトップブランドばかり。
この記事でなぜ強いブランドばかり輩出できるかがわかる。
P&Gが大事にしている言葉
『Think true』

できない理由ではなく、どのリソースがあればできるのかを考え、リソースを獲得する為の提案を、データを持って行う必要があります。その実行責任があるというのがThink what needs to be trueの意味するところです
真似るのは難しいけど、現場で模範にすることは可能。

経営×ブランドマーケティングを軸に売上・利益・ユーザー数・ブランドエクイティをKPIとして追っていくこと。
これ生で聞いたけど面白かったなー😆パンパースの「病院利用率上げて、人生最初のオムツとして使ってもらう」ってのは特に。
良かったらそのままリピートしそうですしね
"「P&Gにおけるマーケティングは広告領域だけを指さない」"

"経営×ブランドマーケティングという軸のもと、売上・利益・ユーザー数・ブランドエクイティをKPIとして追っていく。"

Twitterにはデジタル広告だけで考えている人が多い気がする。この視点が大事だなと。
「デジタルの本質は、消費者の観測可能性を高め、理解を深めることであり、P&Gの取り組みはその好例の1つだと思います。」
最初から「カンパニー」単位の全体最適を考える土壌があるから強いんでしょうね
結局、マーケティングは経営に行き着く
まさにこれ↓
「マーケティングは広告領域だけを指さない」経営×ブランドマーケティングという軸のもと、売上・利益・ユーザー数・ブランドエクイティをKPIとして追っていく」現役社員が語る、P&Gのマーケティングが強い理由MarkeZine(マーケジン)
>マーケターとして勝ち筋を立てる方法とは?
>「マーケター自身が担当するブランド・事業がどうあるべきかを描けていることが重要」

(3/3):MarkeZine(マーケジン)
> できない理由ではなく、どのリソースがあればできるのかを考え、そのリソースを獲得するための提案を、データを持って行う必要があり...それを表す言葉が、Think true です

現役社員が語る、P&Gのマーケティングが強い理由
MarkzineのP&G現役社員の登壇記事。

「マーケター自身が担当するブランド・事業がどうあるべきかを描けていることが重要」

これはすべての人に言えるかも知れない。ブランドを自分や属している部署に例えてもいい。
以上

記事本文: 現役社員が語る、P&Gのマーケティングが強い理由 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

いま話題の記事