TOP > IT・テクノロジー > BtoB商材の情報収集、約半数がスマホで企業サイトを閲覧【ITコミュニケーションズ調査】:MarkeZine(マーケジン)

BtoB商材の情報収集、約半数がスマホで企業サイトを閲覧【ITコミュニケーションズ調査】:MarkeZine(マーケジン)

ITコミュニケーションズは、BtoB商材の購買行動に関するアンケート調査を実施し、結果を発表した。 同調査では、製品やサービスを検討した際、スマートフォンで企業のWebサイトを閲覧したかを質問。その......

ツイッターのコメント(10)

Webメディア・Webサイト以外にもテレビとか雑誌・新聞みたいなアナログな手法もまだまだ全然利用されてるな〜。
サービス情報や料金表、導入事例はもちろんのこと、ダウンロード資料やブログも意外と見られているんだな。/
スマホで閲覧している割合も面白いけど、メールを嫌がられる頻度も興味深い。

調査対象の業界や規模感しりたいなー。

BtoB商材の情報収集、約半数がスマホで企業サイトを閲覧 @markezine_jp
BtoBでも私有のスマホで情報収集して、会社PCで深く調べる人が多いんだろうな。
MA活用でスマホサイトにも計測タグ設置が重要。「製品/サービス情報」87.9%。「価格/料金表」65.0%、「実績/事例情報」61.1%。
これは貴重な資料ですね

商材の情報収集、約半数がスマホで企業サイトを閲覧【ITコミュニケーションズ調査】:MarkeZine(マーケジン)
スマホもB2Bでのコミュニケーションで主要なチャネルになりつつあるようです。
面白い。スマホで見ている率が約半分。加えて、Webメディアが重要と。メルマガの頻度は月1〜3回が適当だという結果なんですね。
BtoB商材の情報収集、約半数がスマホで企業サイトを閲覧【ITコミュニケーションズ調査】
BtoB製品やサービス検討のきっかけ(情報収集初期)になった主な情報源
・「各種Webメディア」が43.8%
・「テレビ」が36.0%
・「提供企業のWebサイト」が27.4%

自社のサイトの向上ももちろん大切ですが、メディアの力を借りるのはWEBマーケでも同じですね。
以上
 

いま話題のニュース

PR