TOP > IT・テクノロジー > 「TikTok」の広告プラットフォームとしての可能性は?日本法人副社長×CCIが現状と展望を語る (1/3):MarkeZine(マーケジン)

「TikTok」の広告プラットフォームとしての可能性は?日本法人副社長×CCIが現状と展望を語る (1/3):MarkeZine(マーケジン)

10コメント 登録日時:2018-10-25 10:20 | MarkeZine(マーケジン)キャッシュ

 若年層を中心に支持を広げ、日本版リリースから1年足らずで10代の認知度が7割を超えたショートムービーアプリ「TikTok」(ジャストシステム調べ)。ユーザー急増の背景には、動画投稿のハードルを下げ、視聴者を夢中にさせるための多様な仕掛けがあるという。マーケティングチャネルとしても存在感を増しているTikTokの現状と、キャンペーンに応...

Twitterのコメント(10)

ハッシュタグをリスティングみたいに買うって言う概念で広告商品作れるとハッシュタグ単位のコミュニティを広告商品として売れるよね。設計大変だけど、ブランディング価値凄い高いと思う / 「TikTok」の広告プラ...
tiktokって最初に出てくるフィードが若者で溢れてるから若者がハマってる気が。
そして、その若者を見たい下心のあるおっさんもねw
全世代が見るようになると、また若者離れする可能性も。。
ただ、tik...
TikTokは今後、若年層→オールターゲットにシフト。その一環として、TV CMも上戸彩さんを起用しているんだろう('_')

あと、平均40分/日の利用らしいので、15秒動画を160本見ていることとなる。ショートムービーという新しいカテゴリーができてますね。
TikTok、最長15秒動画なのに1日平均視聴時間が40分超って凄いな。広告パートナーになったcciによると、現状のクライアントは飲料はじめ飲食関連中心。ハッシュタグチャレンジは4~5日で数百~数千投稿され、数百万単位再生される。と。
気になるエントリー :
(1/3):MarkeZine(マーケジン)
最近活動できてないから、しなきゃ、Tik活(てぃくかつ)。
“テレビを見ない若年層へアプローチ” → (1/3):MarkeZine(マーケジン)
"現在日本では、マスリーチが届きにくい層が確実に存在します。"

(2/3):MarkeZine(マーケジン)
サムネ写真のインパクト!
『若年層から投稿が広がっている日本のTikTokも、早晩オールターゲットに近づいていき、向こう3ヵ月・半年でもかなり違った顔を見せてくると思います。そこでぜひ、マーケティングへの活用をトライしていただけたら』
「TikTokユーザー一人あたりの1日平均視聴時間は40分を超えており、最長15秒のコンテンツの集まりであることを考えると、非常に長いと考えています。」
以上

記事本文: 「TikTok」の広告プラットフォームとしての可能性は?日本法人副社長×CCIが現状と展望を語る (1/3):MarkeZine(マーケジン)

関連記事