TOP > IT・テクノロジー > ネットでの炎上を売上につなげるには?「スーツ×作業着」で批判を浴びながらも売上目標5倍を達成した理由 (1/2):MarkeZine(マーケジン)

ネットでの炎上を売上につなげるには?「スーツ×作業着」で批判を浴びながらも売上目標5倍を達成した理由 (1/2):MarkeZine(マーケジン)

 「作業着を着るのが恥ずかしい」という潜在的なニーズをくみ取り、「ワークウェアスーツ」というこれまでになかった商品でアパレル事業に参入したオアシススタイルウェア。同商品を発表した際には、ネット上で多くの批判を浴びる経験をしたそうです。そうした「炎上」の中でも、当初の売り上げ目標比500%を達成した理由はどこにあるのでしょうか。今回は...

ツイッターのコメント(13)

買いました...!!!
セールスマンを装うスーツ姿の空き巣が増えなければ良いのですが・・・→
顧客のニーズを上手くとらえた良い例!

ユーザー:作業着は恥ずかしい
理想:かっこよくありたい
ギャップ:作業着にかっこよさはない
解決策:かっこいい作業着あってもいい

炎上でも売上目標5倍の成果が出ている結果が、ユーザニーズを満たしています。

@markezine_jp
現場に行く建築士や営業にオススメ。バリエーションが少ないので個性を出すには向いてないけど、オシャレな人は着こなし方で工夫しそう。
恥ずかしいからじゃなくて汚れるから着替えるんじゃない?現場内は長袖着用袖まくり禁止。ジャケットは開いてるから邪魔でしょ?オーバーサイズはダサいけどジャストサイズだとgooよ
上下そろえるとちょっと安いスーツが買える価格。
面白い!結構スタイルもいいし。それなりの値段はするけど耐久性があるならいいかも。
ヴィクトリア朝時代の労働者は、中流階級以上の古着しか買えなかったから、事実上スーツが作業着だったけどな。
実際にほしい会社さんは潜在的に多かったと思う。いいプロダクトだと思うし、プロダクトの存在をうまく伝えられた好例。
そもそもこれで炎上する意味がわからないよ…

(2/2):MarkeZine(マーケジン)
大した炎上でもないやろ
尊師を見習え
以上
 

いま話題のニュース

PR