TOP > 政治・経済 > Market Hack(外国株ひろば) > 外国人労働者受け...

外国人労働者受け入れ問題を考えるなら日系一世の苦労を忘れるな! - Market Hack

29コメント 登録日時:2015-06-09 03:08 | Market Hack(外国株ひろば)キャッシュ

日本の少子高齢化問題解決の切り札として外国人労働者の受け入れが議論されています。これに加えて東京オリンピックに向けた建設ブームも予想されることから、議論が熱を帯びています。この問題を考える際、逆の立場、つまり労働者として海外へ渡った日本人たちの過去を...

Twitterのコメント(29)

@Ds9EX58Q もともと最初にアメリカに来た中国人は、大陸横断鉄道を作るためにやって来ました。
同じくに同士でも、よその国に対しても、他社に脅威を感じ排斥運動に変わるという流れは、日本以外でも同じ。脅威に大小はあれど、普遍的な人間の業だと思った。
移民を入れるとどうなるかを、受け入れ国に行った日本人移民から見た話
中国人排斥法スゲエ! >
明らかなり。一度そこに居座れば間違いなく同等な権利を要求することになる。問題は絶えない。:
こういう歴史を我々知るべきでふねえ、お花畑脳の方とか特に
ほんとこれ "目先の自分の都合だけで外国人労働者に門戸を開くと、後で帰国してもらうときにひと悶着あるかもしれない"
受け入れ準備は必須。
「移民を高スキル、低スキルに区別して受け入れようとする運用は、机上で考えるほど簡単ではない」 |
移民じゃなくて就労ビザなら解決できるよね。必要な期間だけ就労ビザで迎え入れて、必要なくなったら発行しなければいいだけじゃない?
作家 星新一のお父さんが、アメリカで使用人として働いたエピソードが 小説「明治・父・アメリカ」にあります。 …
移民ではなく派遣で。派遣元の国に準公的な会社を作り、5年とか期限を設定して受け入れるのが無難かと思います。" @hirosetakao"
まさに、外国人労働者の受け入れは慎重を期す必要性を指摘。その通りと思う。低賃金で使おうとする目先の利益優先は、すべきでは無い。日本の労働者の待遇改善
戦後、祖国から新天地を目指して旅だった○○系1世達は、人種国籍に関係無く辛辣な苦労をしてきたんだよな。
イジメ、ダメ、ゼッタイ (´・_・`)
「白人の中では下層」だったアイルランド系が中国からの移民を憎悪すると云う地獄絵図
移民の話題が出るたび、モニャモニャと思っていたことが形になっていた感じ。>
(ブログ) サクラメントにあるカリフォルニア州立鉄道博物館へ行くと、こんにちでもその展示があります。 そして1869年に大陸横断鉄道が開…
昭和初期の頃の開拓時代を生きた一世の皆さんの生命力!
他国の歴史に目を向けるのは大事すな。分かりやすい記事だ
急激な移民はトラブルの元。
このとても冷静で正確な記事。歴史を直視せよ!という人達こそこの記事を読むべきですね。

これはよく読むべき
外国からの労働力の流入は、つねにそれを受け入れる側の国の底辺の人間の生活を脅かすのです
勉強になるました。/
これは素晴らしい記事。”歴史から学ぶ”とはこのことだろうね。>
メリットのみの議論が多い。把握できていないリスクが最大のリスク。/
かといって労働人口が減少する日本に他に直接的な方法はない。流入と労働範囲をコントロール出来るかが問題。


hiroset
難しくて答えのないテーマ。「日系」の人との付き合い、微妙だもんなー。
これは完全同意。一読を推薦。⇒
以上

記事本文: 外国人労働者受け入れ問題を考えるなら日系一世の苦労を忘れるな! - Market Hack

関連記事