TOP > エンタメ > いだてん:宮藤官九郎作19年大河 初回から大反響 テンポの良さ視聴者絶賛「さすがクドカン」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

いだてん:宮藤官九郎作19年大河 初回から大反響 テンポの良さ視聴者絶賛「さすがクドカン」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

21コメント 登録日時:2019-01-06 21:39 | MANTANWEB(まんたんウェブ)キャッシュ

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第1回「夜明け前」が6日、放送された。「“東京”と“オリンピック”」をテーマに、日本人が初めて五輪に出場し......

ツイッターのコメント(21)

テレビドラマを見た視聴者が「テンポ」を絶賛している
すごく今っぽい現象

テレビのスピード変わってきたのかもな
(この作品は見てないけど)
いだてんはまったく大河ドラマの革命的な作品ですね。
私もついつい見てしまいました。
はぁ?そうなの?なんかあらかじめ用意されたような記事だな。私のTLはそんな絶賛はなかったぞ?
だいたい同じ感想
画面の切り替えの工夫が面白かった。
俺が知らない人物のドラマで「大河」とか言わないで欲しい。
触手が伸びなかったけど面白いのかな
わっ気になってたのに観るの忘れたー
最初から観ようとはりきってたんですが、途中からになってしまい、明治時代から観たのですが、面白かったです。確かに引き込まれるテンポ感でした。
クドカン大河、録画するの忘れてた!😭
そんなに面白かったのか…再放送をBDレコーダーで予約しときます。でもTwitterで評判見ようと「いだてん」と入力したら続いて「つまらない」と表示されたんだよね(苦笑
見るの忘れてたので、再放送見よっと。
30年以上も近現代を扱えなかった分鬱憤がたまっているんですよ。
途中下車 苛立ちを感じた
今年の大河はどうしようかな。
―――というか、『天狗倶楽部』の圧勝。

#いだてん
始まる前はスルーに近い状態だったのに、好評な感じになるといい意味での掌返しな記事かよ。まじマスコミって厚顔無恥だよなあ。
"いだてん
"
実家で観てきたが、脚本はひじょうに面白かった。ただ、絵作りに難点が残る。仕方が無い部分ではあるが、矢張り近代~昭和は描きづらい。特にテレビドラマでは美術に弱い。
ふーむ、見ていた嫁はすぐテレビ消してたけど・・・
東京03の角ちゃんのタクシードライバーに爆笑した。ちょくちょく出て欲しい/
テンポの良さ視聴者絶賛「さすがクドカン」✨本当にあっという間の1時間でした😉面白かった~🎶1年間楽しみです
第一印象は、初回主人公は、嘉納治五郎(役所広司)だったな、と。それと、たけしの声はやや聴きとりづらい。
内容的には、たいへん面白かった。クドカンいい調子だねぇ。
以上

記事本文: いだてん:宮藤官九郎作19年大河 初回から大反響 テンポの良さ視聴者絶賛「さすがクドカン」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

いま話題の記事