TOP > エンタメ > MANTANWEB(まんたんウェブ) > 武論尊:「北斗の...

武論尊:「北斗の拳」実は綱渡りだった 26年ぶり伏線回収に「出しきった」 (1/2) - MANTANWEB(まんたんウェブ)

69コメント 登録日時:2014-04-19 11:52 | MANTANWEB(まんたんウェブ)キャッシュ

「おまえはもう死んでいる」の名言で1980年代に社会的ブームとなり、コミックス累計発行部数1億部を誇る人気マンガ「北斗の拳」の26年ぶりとなる本編の新エピソードが19日発売のコミックスで発表された。世紀末を舞台にした格闘マンガという一大ジャンルを確立した伝説のマンガだが、本編連載中は綱渡り状態で、ケンシロウの胸の傷も恋人ユリアの存在も即興で考え出された...

Twitterのコメント(69)

世紀末世界のモデルがカンボジアだったとは・・・。
確かに一週間で他のライバルの度肝を抜く話を考えないといけないからなあ。
矛盾は生みの苦しさよの?
ほお、ポルポトによってめちゃくちゃにされたカンボジアもモデルだったのか。
登場人物とか設定とか行き当たりばったりだったとは(笑)続編出るみたいなので読んでみたいね!
2014年の記事。やっぱ80年代ジャンプはお話は行き当たりばったり、と。正直、悪い影響を受けたかもしれぬ…
今も大好物です。シナリオとキャラクターも!
原哲夫の絵はやっぱりカッコエエなぁ。特にモノクロ。
で、これは1年前の記事ですが
北斗の拳ってジャンプコミックスで全27巻なんですよ
意外な程に短い
1年前の記事

(1/2) - MANTANWEB(まんたんウェブ)
まずはこれ。
正直「北斗の拳」後の諸々は色々残念だったのだが、これは読む価値ありかな?
ポルポトが元ネタだったとは
旬ネタ/ 武論尊:
「推敲を重ねて大げんかになり、一度仕上がった原稿を堀江さんが破り、原さんが泣いた」
ついに黒王号の時代が来たか・・・
『 - MANTANWEB(まんたんウェブ)』を読む。凄すぎるよ、北斗の拳!
なるほど、北斗の拳の伏線ストーリーはほぼ即興で考えられたものだったと。だから驚きの展開があると納得。それにしても3年間首位だったとは凄い。/
武論尊 :
『26年ぶりの新エピソードは、ケンシロウがラオウを倒した後、復活するまでの空白期間を描いており、19日に発売されたコミックス「北斗の拳 究極版」11巻に収録』
お、黒王号の新エピソード発表されてた。買わねば!
「主役は、ラオウとケンシロウの愛馬である黒王号だ。」 あ、まだ見てないや
お、新作エピソード収録の「究極版」11巻、ついに出たのか!買いにいかにゃ~~!
@ishida_atsuko: ”

実は適当に設定作ってるのは皆しってた。
伏線も何もツッコミどころまんさいでは?
東西南北で『東』の付く拳法だけまだ出てきてないから、それまでは完成とは認めないww

-
『北斗の拳2』の前日譚。これにて完結!!
「まさに世紀末。正義が通用しない世界。だからラオウが、乱れた力で制圧しないといけない思想は当たり前なんだよね」
ポル・ポト後のカンボジアを訪れて。
一応読んでおきたい。
政府による「圧政」が嫌いな人は、北斗の拳みたいな世界が好きなんだろうな、と思っているのだが、「ポルポト」の影響もあったのか。やっぱり、アジア的優しさに満ちた世界が好きなのね。 /  26年ぶり…”
この思い出話も、即興なのよ。なんて言ったら不粋だわな /
“ポル・ポトの支配下で多くの人が殺されたカンボジアの影響”へー /
一子相伝と言いながら実は兄弟がいましたーとか、当時から行き当たりばったりだと思ってたw
編集=チンピラ 原哲夫=種もみジジイやんもう:武論尊 :
Reading... by これは買わなきゃ😄
ライブ感覚。まあ、少年漫画ってそう言うもんだったよね。 /
行き当たりばったりというより、キャラクターが動いてくれるのを信じた面もあるよね。小池一夫さんの著書を読んだことがあるので、そう思う。 / - MANTAN…”
昔の漫画でいきあたりばったりじゃない連載漫画ってあったのかな /
» 連載時の「北斗の拳」で、最も気を使ったのは第2話だ。堀江さんの「第2話が大事」という哲学もあり、推敲(すいこう)を重ねて大げんかになり、一度仕上がった原稿を堀江さんが破り、原さんが泣いたほど。 武論尊:「北斗の拳」実は綱渡りだった
ジャンプの編集は原稿破るのか 無茶苦茶やな>
「最初に原哲夫さんの読み切りマンガがあり、物足りなさを感じた堀江信彦さんは、武論尊に『何とかならないか?』と相談」「原君の絵がすごいから楽しいし、俺の想像を超えるの。いい絵があるといいフレーズも出る」 / “武論尊:「北斗の拳」実…”
ラオウに子供がいた展開になったり他に実際に血のつながった兄弟がいたりとか、もう後半部分特にわけわかんなかった印象。ラオウ死す、で私の中では終了。 / - …”
え、新エピソードなの。見たい
これは買わざるをえない。 /
他43コメント
【200RT】 - 毎日新聞デジタル
文章が素敵で、しかも感動的 /
必読じゃなかろうか|
絵が力強い。絵の力は衰えていない。 /
他34コメント
北斗剛掌波…はラオウの必殺技でしたが、思うに、一子相伝でしか伝わらない北斗神拳の範囲はどこからどこまでだったんだろう。剛掌波は、ラオウのオリジナルなのにあんなにすごかったことになる。余計なことでした。 / “武論尊:「北斗の拳」実…”
ほお、面白いね。。
でっかい馬と言えば、黒王と松風だもんね。
“武論尊さんは自身のことを「天才的なうそつきだよね」と笑いながら「当時はよく先の展開が分からないと言われたけど当然だよね。だって作者が分かってないもの」と笑う” /  26年ぶり伏線回収に「出…”
- そろそろ武論尊先生に、FC版北斗4やサターン版北斗のことを語っていただきたいと思うファンは僕だけではないはず。
26年ぶり伏線回収(まんたんウェブ) ”「原君の絵がすごいから楽しいし、俺の想像を超える」「堀江君(編集)も妥協しない。3人で命の削り合いだった」という武論尊さんの表情は、どこかうれしそうだった”
「当時はよく先の展開が分からないと言われたけど当然だよね。だって作者が分かってないもの」 /
あ。カンボジアを訪れたエピソードから、前作『マッド・ドッグ』を書いたのか。そして鷹沢圭の方は改名して『飛ぶ教室』を以下略。
マッドマックスだけじゃなくてポルポト時代直後のカンボジア体験がベースにあったとは…なんという渋いエピソード。
堀江さんの「第2話が大事」という哲学もあり、推敲を重ねて大げんかになり、一度仕上がった原稿を堀江さんが破り、原さんが泣いたほど。 / - MANTANWE…”
@hatebu: (52 users) ”
うわー読みたい!買ってこよう!
はてなブックマーク-人気エントリー
ドラゴでてきたり、ケンシロウがティアドロップ型グラサンをしたスタローンになったり、後半の絵はその場で決めてると思ってた。ジャバ・ザ・ハットは前から決めてたかも。あー、息をするのもめんどくせぇ。
ふっ伏線って言った今!? ユリアが南斗の将とか子供心にも「うっそーん」って思ったぞw /
これだけ「知ってた」ってなる「実は」もないな /
北斗の拳が大好きだと改めて
カンボジアがヒントになってなのは知らなかった。毎回話が即興ってのは、そんな気はしてた。 /
武論尊: 「北斗の拳」実は綱渡りだった 26年ぶり伏線回収に「出しきった」 まんたんウェブ 実は「北斗の拳」が、連載開始の数年前にヒットした映画「マッドマックス2」(1981年公開)の影響があることは…
ポルポト政権の影響があったとは驚きですね。
| 『北斗の拳』『北斗の拳 外伝』シリーズ価格比較一覧
以上

記事本文: 武論尊:「北斗の拳」実は綱渡りだった 26年ぶり伏線回収に「出しきった」 (1/2) - MANTANWEB(まんたんウェブ)

関連記事