TOP > 社会 > 倉重篤郎のニュース最前線:次期首相候補No.1 石破茂が安倍首相に緊急直言 新型コロナ対応 リーダーとしての説得力がない - 毎日新聞

倉重篤郎のニュース最前線:次期首相候補No.1 石破茂が安倍首相に緊急直言 新型コロナ対応 リーダーとしての説得力がない - 毎日新聞

35コメント 2020-04-09 06:38 | 毎日新聞キャッシュ

森友〝告発遺書〟「新事実はあった!」  コロナ対応で、安倍首相の言葉と行動には信頼感が持てない。危機には指導者の政治力量が問われるが、現政権の失策は社会不安を増すばかりだ。ポスト安倍№1石破茂氏が、2年前に今日を予見していた公衆衛生学の報告書を携えて登場、非常事態下の「国民のための政治」を語り尽くす...

ツイッターのコメント(35)

次期首相候補No.1 
アベ氏はリーダーじゃない。しがみついているだけ
#安倍はやめろ
リーダーとしての「資格」がない、だろう。
ジョンズ・ホプキンズ大の感染症論文を読んでいた石破茂。オタク的考察力で厚労大臣として陣頭指揮を!
石破茂
「新型コロナ対応、安倍首相にリーダーとしての説得力がない」

倉重篤郎(
安倍晋三には力量の発露が見られない。それどころか、クルーズ船内での感染拡大、PCR検査の遅れ、休校措置のブレ、マスク配布など失点が目立つ
この記事の続き読みたいけど有料…
次の首相、石破さんが妥当なんだろうなぁと思うんだけど…
なーんかあんまりキレがよくない…
石破さんに是非とも総理大臣に就任していただきたい。
うーむ、流石に石破、やるな。
しかしブレーンが弱すぎる。
自民党も改革の嵐を起こさねば
どないもならんな。
「ジョンズ・ホプキンズ大の報告書、2年前に書かれたということ自体驚くほかない。…人類の歴史を大きく変えることになるかもしれない、との衝撃を受けた」
環境問題などサステイナビリテイの観点でSDGs、ESGの主要課題として議論盛だがウイルスへの対応視点も重要課題とこの記事で認識。
人間として信頼できんよね、総理になりたいから味方撃ち、厳しくなったら逃げ出して、恥を知らんから戻って来てもえらそうにして
これが会員限定有料記事。露骨な石破アゲの中身のない内容。

どうやっても石破は総理にはなれません、というか国民がさせません。残念でしたね。
全部読みたいが登録云々始まってストップ
倉重篤郎のニュース最前線:
次期首相候補No.1
倉重篤郎のニュース最前線:次期首相候補No.1
コイツは具体的な事を言って批判されるのが怖い。そして賢く見せたがる。従って毎度抽象的な言い方に終始。慣れてくるとこのパターンがよく見えるわ
石破茂が緊急直言 -

安倍首相には「思い切った決断力」「国民に対する説明力」「国際社会との協調力」が無いというが、石破氏にそれらが備わっているとは到底思えない。
倉重氏、毎日新聞、石破氏に共通しているのは、安倍首相を早期退陣に追い込むことだろう。
ポスト安倍総理、自民党内だとやっぱり石破議員という風潮なのかしら。
現状、他政党が政権奪取することって出来るのかな。次の選挙、このままだと延びそう…
知ってるなら何故早期の段階で進言しないのか?口だけなら何とでも言える。
実に興味深い。早速読もう。
石破、反トランプ派となる。
ネオコンとつながりがある模様。
自民党内で干されてるこいつが候補No.1とか印象操作にも程がある。
世論調査でこいつに人気が出るのは反安倍、反自民勢力に大人気だから。コレが首相なぞになっても諸外国と信頼関係醸成や利害調整ができるはずがない。国益を流失させるのが関の山。
「公衆衛生学では歴史の古い同大学が、2年前の2018年5月、今回のコロナ禍をほぼ正確に予言、警告する報告書を発表していたのを最近まで知らなかった」
#ヤバすぎる緊急事態条項
石破さんで良いじゃない。
自民党で一番人の意見を聞き、客観的な答えを出せる人だと思う。
次期首相候補No.1とか緊急直言とか香ばしさ満載ながら、有料記事という罠。 / (毎日新聞)
武漢封鎖が始まったころから
クルーズ船に至るまでの間、国会議員席から高みの見物してたのは誰?
「行き過ぎたグローバリズム、日本で言えば、行き過ぎた一極集中、格差の拡大、実体経済と金融経済の乖離に対する警鐘」 同感。
蓮舫と同じ分類の生き物
「1918年春に…発生したスペイン風邪は…同年暮れにはいったん収まったが、19年にかけてウイルス変異により致死率が上がり、日本だけでも45万人が亡くなった。20年に収束するが、特効薬ができたわけではなく、今でいう集団免疫を獲得したのだそうだ」
「安倍晋三政権は力量の発露が見られない。それどころか、クルーズ船内での感染拡大、PCR検査の遅れ、休校措置のブレなど失点が目立つ。何よりも首相の国民に対する呼びかけにリーダーとしての説得力がないと私には見える。」
記事本題の「次期首相」云々は一旦横において「2年前の2018年5月、今回のコロナ禍をほぼ正確に予言、警告する報告書を発表していた」米国大学の報告書の話が凄い。「後講釈」ではなく、これを受けて積極的に対策を準備できていた国はどのくらいあったのだろう。
「あれほど中国との交流が多い台湾では、マスク転売禁止や入国制限など迅速な対応を取り感染を封じ込めた。しかも台湾は、これらの措置を、中国のような強権主義や情報統制にはよらず、民主主義国家としてやり切った。我が国もその知見にもっと学ぶこともできたかもしれない」
この際石破でいいから安倍と替われ。
>石破氏(が首相)ならどうしたのか?

↑これの質問も回答も記事中にそんなになかった
自分にはあると?

次期首相候補No.1
石破氏に聞く「コロナ対策、あなたならどうしたのか」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR