TOP > 社会 > 毎日新聞 > 日本とロシアの懸...

日本とロシアの懸け橋に フィギュア元露代表の川口さん - 毎日新聞

17コメント 登録日時:2018-12-15 18:47 | 毎日新聞キャッシュ

 フィギュアスケートのロシア代表として活躍した川口悠子さん(37)が第二の人生を歩み出した。昨季限りで現役を引退したが、サンクトペテルブルクにとどまり、プロスケーターとして活動している。2020年東京五輪も念頭に、日本とロシアの懸け橋になる活動も思い描いている。【福田智沙】...

Twitterのコメント(17)

こういう記事は大歓迎。ちなみにこの人解説もめっちゃおもろい。


フィギュアスケートのロシア代表として活躍した川口悠子さん(37)が第二の人生を歩み出した。昨季限りで現役を引退したが、サンクトペテルブルクにとどまり、プロスケーターとして活動している。…
単身ロシア🇷🇺に行き活躍されてきた川口さん。尊敬しています。ロシアはプロになっても厳しい世界なんですね。日本でも活躍して欲しいです。
毎日さんありがとう。
フィギュア王国・ロシアでは数々の五輪メダリストが第二の人生でもライバルとなる。ショーの出演のオファーが舞い込むかどうかや配役は実力勝負だ。

 だから公演の合間を縫ってダンスレッスンにも通い続ける
先日のエキシビションで、恥ずかしながら初めて拝見した
ロシアのショーはバレエさながらなんだなー
日本でも演劇風のはあるみたいだけど、あっちは観客の目が厳しそう
フィギュア元露代表の川口悠子さん
12/15

フィギュア王国ロシアでは数々の五輪メダリストが第二の人生でもライバル➜ショー出演オファーが舞い込むかどうかや配役は実力勝負➜だから公演の合間を縫ってダンスレッスンにも通い続ける「プレッシャーは現役当時と変わらない
- 川口さんスミルノフさんペアと言えば、2011年被災者の方々への思いを込めたエキシビション「いつも何度でも」(千と千尋の神隠し)が感涙ものの名演で印象深いです。
悠子さんは多方面で多才に活躍してくれそうで楽しみ。 【
現在は活動の幅を広げている。現地の日本人の小学生を対象にスケートの指導も始め、初心者を対象に基礎を教えている。足場はロシアに置きながらも先月のNHK杯では帰国し、初めてテレビ解説も務めた。
ロシア選手の日本市場に対するマネジメントにも関わって欲しいですね。
五輪に出るために国籍変えた売国奴、みたいに叩いてた人たちがいたっけなぁ。今でもその気持は変わらないのかもしれないけど。そんなに悪いことかね?目標を持って一生懸命やってる人をよく叩けるなと昔も今も思うよ。
川口悠子さん!とても尊敬しています。
CiONTUのバブリーダンスもよかった💕
NHK杯の解説も最高でした✨
こちらの記事で初めて知ったのだけど、ロシア国籍取得してサンクト拠点にプロスケーターとして活躍してる方いるんだね。ショーに出てダンスレッスンにも通いつつ現地の日本人小学生にスケート教えてたまに日本帰って解説のお仕事……理想的な勇利くんの未来!
日本でも活動してほしいなー!
悠子さんステキ💓🇯🇵🇷🇺
福田智沙さんの記事ね。
以上

記事本文: 日本とロシアの懸け橋に フィギュア元露代表の川口さん - 毎日新聞

関連記事