TOP > 政治・経済 > 都知事選を見に行く:「僕は『悪役』『ピエロ』に徹する」 その理由は 立花孝志氏 - 毎日新聞

都知事選を見に行く:「僕は『悪役』『ピエロ』に徹する」 その理由は 立花孝志氏 - 毎日新聞

13コメント 2020-07-03 18:30 | 毎日新聞キャッシュ

 何かと物議を醸してきた。立花孝志氏、52歳。昨夏の参院選、自身が率いた「NHKから国民を守る党」から初当選し、ついに国会議員の座を得たものの、すぐに辞職して今度は東京都知事選に現れた。このたびは政治団体「ホリエモン新党」公認で立候補し、都内を駆け回っている。破天荒な言動ばかりが注目されるが、ホント...

ツイッターのコメント(13)

統合デジタルセンターの吉井さんの記事。立花さんは「ただの変な人」ではなく策士だというのがよくわかる。
毎日はとんでもない、提灯記事を書いている。マスコミとは到底認められない。
僕はピエロ?そんな立派なものじゃないだろ?
無敵のメンタルを持つ男と言っても過言ではないw
と思ったらこんな記事発見したけど
有料記事の為に途中できれてる…

都知事選を見に行く:
「僕は『悪役』『ピエロ』に徹する」

まあ投票券あっても
この人には投票しないけど
少し前まで直接民主がベストではないがベターとか言ってたのに、少数派の尊重とかって180度方針転換でしょ。NHK問題もネタしか言わなくなったのも、多数派になってきたから?
偽善の山本、悪役の立花、まだ悪役をかって出る人間の方がマシだが、どちらも都知事なんてならないで欲しい。
余計な事をする人間が都知事になんてなると、東京都民の精神が乱れる。
彼等に都民の人生を狂わす権利まではない。
とっぴな事ばかりの言動!確かに悪役?ピエロ?政治の世界には不要ですね!
「振り返れば、国民が一方の方向を向いた時に戦争が起こります。国民が政治家に洗脳され、扇動され、戦争するしかない、戦うしかないんだ、そんな多数派の声が、少数派の声をかき消した時に戦争に突入した歴史が人類にはある!」
こんな下品な輩を取り上げる毎日新聞は社会の木鐸としての矜持の欠片もない。どんなポスターを貼っているか知っての記事か。まさにリソースの無駄でしかない。
すげぇ、毎日新聞がこんな特集記事書いとる
続き見れないから中身が気になって仕方ないけど
某学会員が「立花孝志に投票する」って言ってる流れよく解るなこれ
続きが気になる...

「僕は『悪役』『ピエロ』に徹する」 

@tachibanat
こんな人のこと記事にする必要ある?何やってんの?小池の公約違反の記事書いた?公開討論会やらないのを批判した?太郎が先の国政選挙で旋風を巻き起こしてる時、記事にした?
以上
 

いま話題のニュース

PR