TOP > 社会 > 国民と合流「立憲を存続政党に」 枝野氏の確認事項案が判明 - 毎日新聞

国民と合流「立憲を存続政党に」 枝野氏の確認事項案が判明 - 毎日新聞

26コメント 2020-01-15 00:33 | 毎日新聞キャッシュ

 立憲民主党の枝野幸男代表が、国民民主党の玉木雄一郎代表との合流協議で示した確認事項案の全容が14日判明した。立憲を存続政党とし、「合併」後に速やかに参院会長選を実施して参院での信頼醸成に努めることなど計10項目で、2019年12月末に両党の幹事長間で合意した内容がベースとなっている。ただ、10日の...

ツイッターのコメント(26)

協議で示した確認事項案:
国民民主の「自由」「共生」「未来への責任」を理念とし「保守、リベラルという既存の枠を超え、多くの国民を包摂することを目指していく」と明記。衆参両院が一体となった合併…など
図々しいにも程があるな枝野。
は元々、民進党と希望の党の合流によりデトックスされた極左毒素達の寄せ集め。
未だに【保守vsリベラル】とか言いてるんだから・・・
枝野さんが頑な過ぎだと思いきや、割といい案を出してた。

国民が掲げる「自由・共生・未来への責任」を理念とし、「保守、リベラルという既存の枠を超え、多くの国民を包摂することを目指していく」と明記。

国民と合流「立憲を存続政党に」
立憲民主を存続させるメリット無いじゃん。
それどころか、上から目線で尊大な態度を撮ったりするようじゃ、立憲民主は幼稚園児と何も変わらないし変わりはしない。
この人らが、議員辞職してくれるだけで国会はかなりスマートになる。
この記事が本当だとすれば、枝野さんを少々見直した。代表選挙の実施に加え、国民が掲げる理念を承継するならば、国民側に反対する理由などのない。玉木氏は早急に慎重派を説得してほしい。
絶対に応じないで欲しいね、ここは。
カネを握ったまま、掌で転がすくらいでいいよ、あちらは。
もはや期待はしてないけど、がんばれ。
またこの報道…いつの話か知らないけど本当にクーデター考えてる奴いるのかな
>一方、次期衆院選をにらんで早期の合流を求める推進派からは「玉木氏が方針転換しないなら進退を問うことになりかねない」(中堅議員)との声が上がっており、党内の紛糾も避けられない情勢だ。
これに関しては玉木代表の勝ち。
この件では玉木代表を応援する。
えっ!?
> 立憲を存続政党とし、「合併」後に速やかに参院会長選を実施して参院での信頼醸成に努めることなど計10項目で、2019年12月末に両党の幹事長間で合意した内容がベースとなっている。
実権を握られ、金だけ取られたのでは国民は納得出来まい。枝野はこの話を成立させられると思っているのだろうか?
立憲を存続政党とし…

吸収したいのは国民民主党のカネ。今のままでは解散総選挙をカネなし候補者なしで臨むことになるので。
まっとうな政治が聞いて呆れる。
立憲が『ただ金がほしい』って言うのが透けて見える。国民の理念を踏襲すると言ってもでまかせでどうにでもなるし。合併後は立憲組が好き勝手やられ金だけとられてお払い箱がオチ。嫌いになる勇気。アイドルですら知ってる言葉。国民議員って世間知らずで純粋なお姫様なの?w
立憲は現状リベラルなので、票は入れる。しかし国民は保守。両党合流で保守政党になるのなら、投票の対象外。脱原発など政策を骨抜きにした自民のコピー政党は有害無益。この点で、枝野代表を支持するし、玉木の目論見は安倍をアシストするものと蔑視する。絶対投票しない。
国民は15日の両院議員懇談会で協議の状況を説明する。事実上の「吸収合併」への反発が根強い参院を中心とする慎重派は玉木氏の姿勢を支持するとみられる。
>国民幹部は「人事と政策が折り合えていない」と指摘し、玉木氏は周辺に「こちらが求める条件には『ゼロ回答』だ」と不満を漏らしている…
この党は、政権をとれると思っているのか?まず無理でしょ あの時代に戻ってもらいたくないしね
こんなのが流出した時点で合流は頓挫したということなのだろう、多分。▼
国民民はしょせん出涸らし。
主導権を握ろうなんぞ、100年早い。
引用)次期衆院選をにらんで早期の合流を求める推進派からは「玉木氏が方針転換しないなら進退を問うことになりかねない」(中堅議員)との声が上がっており、党内の紛糾も避けられない情勢だ。
野合だなぁ
個々に応援したい方は居ますが、政党としては応援止める
2019年12月末に両党の幹事長間で合意した内容がベースとなっている。
ただ、10日の党首会談で玉木氏はこの案に応じておらず、先行きは見通せない状況だ。
>国民幹部は「人事と政策が折り合えていない」と指摘し、玉木氏は周辺に「こちらが求める条件には『ゼロ回答』だ」と不満を漏らしている。時間をかけて協議する構えの玉木氏と早期決着を求める枝野氏との間では「スピード感」にずれが生まれており、協議は難航しそうだ
以上
 

いま話題のニュース

PR