TOP > 政治・経済 > 立憲民主、議席「倍増」でも 高揚感ほど遠く - 毎日新聞

立憲民主、議席「倍増」でも 高揚感ほど遠く - 毎日新聞

14コメント 登録日時:2019-07-22 01:20 | 毎日新聞キャッシュ

 立憲民主党は改選9議席から約2倍の17議席に増やした。ただし、野党第1党としては前回2016年参院選で旧民進党が獲得した32議席に遠く及ばない。「自民1強」を崩す足がかりは築けず、高揚感からはほど遠い。国民民主党など他の旧民主党勢力との再結集を否定する独自路線を取ってきた立憲だが、次期衆院選に向け...

ツイッターのコメント(14)

立憲の議席倍増は、間違いなく野党共闘のお蔭と言って良いのに、他の野党への感謝の気持ちってもんがほとんど伝わってこないのは何故だろう。
● /記者「高揚感ほど遠く」評、「新人ばかりだし今回かなり悲観的に考えていた」発言、「花付けをしない」等々、代表は正直暫くは無理で地道に足固めしたい的意識なのではと思いますが、立場・期待が許さないというのはあろうな。
消費税増税を信認する国民なんて殆どいない、にもかかわらず17議席しか取れない立憲民主党は有権者からの信頼は今回も取り戻せなかった。
徹底討論
旧民主/民進勢力内で票を奪い合っているだけに過ぎず、「反安倍」「野党共闘」は著しく「後退」:

『立憲民主党は改選9議席から約2倍の17議席に増やした。ただし、野党第1党としては前回2016年参院選で旧民進党が獲得した32議席に遠く及ばない』
#選挙感想
1人区を見ると、野党への失望感が如実に。
野党は「共闘」を一歩進めて、「シャドウ内閣」を目指さないと、
いつまでたっても「敗軍の将」だ。
野党支持層30%+無党派40%。
この声を拾ってくれ。
何回惨敗すれば気づいてくれるのかなぁ?
「自民1強」を崩す足がかりは築けず、高揚感からはほど遠い。国民民主党など他の旧民主党勢力との再結集を否定する独自路線を取ってきた立憲だが、次期衆院選に向け、戦略見直しを求める声が強まる可能性もある。
経営者としては信頼できない。私はまだ記憶している。原子力発電所の爆発を💣 あの時の発表は嘘で嘘の上塗りだった。あの時から嘘つきだと思っている。
党首は、枝野しかダメなのか?独裁政党なんだな。
えー、毎日新聞って立憲民主党の味方なんじゃないの?

毎日がこう書くってよっぽどかも…
党内からも疑問の声が囁かれ出したようです。

*「対自民そっちのけ」の消耗戦にエネルギーを注いだ。

*「票が取れるもっとホットなものがほしい」と物足りなさを指摘する声も出ていた。

経済政策が弱いもんね。
>戦略見直しを求める声が強まる

反アベ至上主義の幹部を要職から外して中道リアリズムに舵を切るしかないんじゃないかな。反アベ至上主義の支持者はれいわナントカに引き渡してでも。でも共産党との共闘しがらみで無理か。よく分からん。
こんな結果で喜んでて野党第一党が聞いて呆れるよ - 立憲民主、議席「倍増」でも漂う敗北感 |
立憲民主、議席「倍増」でも漂う敗北感 -

> 枝野幸男代表は選挙前から勝敗ラインを明示せず、自身の責任が問われる議席水準も「党内の皆さんが判断す…

えっずるい
以上

記事本文: 立憲民主、議席「倍増」でも 高揚感ほど遠く - 毎日新聞

関連記事