TOP > 政治・経済 > 2019参院選:多弱野党、共闘限界 1人区10勝22敗、前回下回る - 毎日新聞

2019参院選:多弱野党、共闘限界 1人区10勝22敗、前回下回る - 毎日新聞

3コメント 登録日時:2019-07-22 06:18 | 毎日新聞キャッシュ

 参院選の勝敗を左右する全国32ある改選数1の「1人区」で、野党5党派は候補を一本化して臨んだが、勝ったのは10選挙区にとどまった。2016年の前回選で旧民進党など野党4党が一本化することで獲得した11議席に届かず、次期衆院選の「野党共闘」に不安を残した。【影山哲也】...

Twitterのコメント(3)

一番の注目ポイントは1人区の共闘統一候補だったが、ぜんぜんだな...。はぁ....2019参院選:多弱野党、共闘限界
自民は改選議席から10減らし、立憲はほぼ倍増。自民への厳しい評価と論ずることも出来そうだが、野党を批判する論調が目立つ毎日新聞。
6年前は2勝29敗だったことを無視してこんな見出しをつけるのか。新聞の劣化はとどまることがない。2019参院選:多弱野党、共闘限界
以上

記事本文: 2019参院選:多弱野党、共闘限界 1人区10勝22敗、前回下回る - 毎日新聞

関連記事