TOP > 科学・学問 > 緊急事態宣言の非科学性 | | 森永卓郎 | 毎日新聞「政治プレミア」

緊急事態宣言の非科学性 | | 森永卓郎 | 毎日新聞「政治プレミア」

35コメント 2021-01-22 07:46  毎日新聞

出口なき緊急事態宣言  1月14日に大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、栃木、福岡の7府県が緊急事態宣言の対象に追加された。これで1月8日に発出された東京、千葉、埼玉、神奈川の4都県と合わせて、11都府県が...

ツイッターのコメント(35)

ミニカー収集家の大御所でエコノミストのモリタクさんは、自粛への経済の影響も見抜いてるねぇ。
森永さんの飲食店での感染少ないは、実態見ていない。

増加する職場や家庭内の感染は、すべてがそこで始まるわけじゃない。

朝昼晩問わず、飲み食いしながら人と合ってしゃべって飛沫させてることが、最大原因だろう。

効果が限定的で金のかかる飲食店の時短要請より、住民全員にPCR検査して隔離した方が効果的だしコストが安いと。ほんとそう思うけど、政府はなんでそんなに検査を毛嫌いするんだろうね。
”タイミングが遅れたこと以上に今回の緊急事態宣言が抱えている最大の問題は、1カ月以内の収束にまったく見通しが立っていないことだ。”
「その意味で、緊急事態宣言のなかで政府が打ち出した「出勤者7割減」という目標は適切だ。それが達成できれば、会食自粛よりもずっと大きな効果があるだろう。ただ問題は、政府がそれをリモートワークの拡大で達成しようとしていることだ。」
森永さんは、いつも誰にも忖度せず、核心をついたことを言ってくれる。
リーマンショック勃発時、いち早く朝のラジオ番組で、アメリカで起こった事を伝え、警鐘を鳴らしたのが、彼でした。
アメリカのファウチ博士はバイデン政権で科学に基づいたコメントを出来る様になったが、日本の尾身はファシスト政権の中で未だにフワフワした事しか言えない。
森永氏は感染症の専門家ではないけれど、この記事で言っている事の一つ一つは、ほぼすべてその通りだと思う。権力者たちにそれらを理解する能力が無いか、理解していも都合が悪いから採用するつもりはないのか・あるいは採用する能力がないのか、どちらか。
竹槍持って根性論でコロナ禍に対峙する日本は途上開発国
過去のプライドに縋りつくな
日本は全てにおいて貧困国
全ての原因は
自民党政権と他人任せの国民性
森永卓郎氏、きわめてまともなことを言っている。
偉い。
「『経済優先』が一番経済傷つける」

場当たりご都合主義的大本営政治。そんな政権を選び続けてる有権者。
先が見えないのに、何とかがんばれってほんと第二次世界大戦やん!と思うわけ
検査は無意味だろ。発症者がコロナ由来なのか確認する以外は。なんで検査結果が出ないと感染拡大防止行動が取れないのか不思議でしょうがない。国民全員が無自覚感染者として他人にうつさない生活をすりゃいいだけなのに。陽性だと分かったところで治療薬は無いのだから。
本当にPCR検査はコストパフォーマンスが悪いのだろうか。


…例えば、緊急事態宣言の対象となる11都府県で、政府は午後8時以降の営業自粛に協力した飲食店に1日6万円を支払うことにしている。緊急事態宣言が1カ月続くとすると、対象都府県の飲食店数は33万6985店あるので⇒
このようなまともな事の言える方をメディアに出すべきだ!
ハッキリ言って国民が一致団結しても一ヶ月以内に収束させるなど100%不可能。精々感染スピードと範囲を遅らせるだけ。冬の間は何をやっても有効な手段はほぼ皆無。感染方法は風邪や季節風インフルエンザと全く同じだから甘く見るなということ。
田村憲久厚生労働相は、「税金で行う以上、費用対効果の問題が重要」だとしているが、本当にPCR検査はコストパフォーマンスが悪いのだろうか。
感染経路別で、最も高い割合は、67.2%を占める「感染経路不明」だ。一体どこで感染しているのだろうか。私が感染経路の一つとして疑いを持っているのは、通勤電車だ。
感染拡大のステージによって変わる。森永氏が言うように家庭内感染が起こっている状況では、会食を抑えても効果は小さい。いまは第1派以上に接触機会を減らさないと、感染は抑止できない。
この森永氏のご意見、至極真っ当なのに、対策のスタート地点にも立てていないのが日本の現実です。
森永卓郎氏「『経済優先』が一番経済傷つける」
飲食店へ時短の協力金を払うよりPCR検査のほうが桁違いにコストが低いと!
さすが森永氏。
「アメリカのマイナス2.9%に対して、日本はマイナス5.7%。マイナス幅が、日本はアメリカの2倍。コロナ自体の影響は、アメリカのほうがはるかに深刻なのにもかかわらずだ。彼我の最大の差は、PCR検査の数」
電車を止めること以外は賛成
”感染経路別で、最も高い割合は、67.2%を占める「感染経路不明」だ。・・私が感染経路の一つとして疑いを持っているのは、通勤電車だ”

多くの人が感じているこのことを明確に言う著名人を、私は初めて見ました。タブーなのでしょうか。
先ず検査。当たり前だよね。
「『経済優先』が一番経済傷つける」
感染経路の...疑いを持っているのは、通勤電車だ...仮に通勤電車で感染したとしても...接触経歴が判別できない...北関東や甲信越にそれほど大きな影響が出ていないのも...それらの地域では...他者との接触のない自動車通勤をしている
|
政府は理にかなった対策を! #
緊急事態宣言1カ月の時短営業
対象都府県の飲食店数 33万6985店に1日6万円 → 6066億円
+飲食店に食材を納入している企業への40万円の給付と給付のための事務費 =1兆円超

PCR検査
11都府県の6970万人 × 1回当たりの単価を2000円=1394億円
「そうした『経済優先』の政策が、実は経済を一番傷つけるのだ。例えば…」
経済アナリストの森永卓郎氏は緊急事態宣言の非科学性を指摘します。
緊急事態宣言が抱えている最大の問題は、1カ月以内の収束にまったく見通しが立っていないことだ。
「2447人と過去最多の新規陽性者を出した1月7日の東京都のデータでみると」「陽性者全体に占める「会食が感染経路」の割合は、3.5%に過ぎない」「最も高い割合は、67.2%を占める「感染経路不明」だ」☹️
安価で提供する業者と協力すれば、PCR検査のほうが桁違いにコストが低い。

 飲食店に午後8時以降の営業自粛を求めるのと、住民全員のPCR検査を行い、陽性者に自宅待機を求めるのと、どちらが効果的か
圧倒的に後者。PCR検査の感度は9割以上
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR