TOP > 政治・経済 > 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機 | | 志位和夫 | 毎日新聞「政治プレミア」

科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機 | | 志位和夫 | 毎日新聞「政治プレミア」

38コメント 2020-12-02 07:19  毎日新聞

 菅義偉首相が日本学術会議から推薦された新会員候補6人の任命を拒否したことは、強権をもって異論を排斥する現政権の危険をまざまざと示した。これは決して一部の学者だけの問題ではない。国民全体の基本的人権が...

ツイッターのコメント(38)

志位委員長のこの論文の内容を支持します。
安倍菅の国会軽視を許すことは出来ません。安倍総理当時の「私は国会の長です」と挨拶したときの驚きは忘れられません。
任命拒否をしない」というのが、国会審議を通じて確定された法解釈だ。これを政府が勝手に変えるならば国会審議の意味がなくなる。国会の否定、三権分立の否定だ。
〈菅義偉首相が日本学術会議から推薦された新会員候補6人の任命を拒否したことは……これは決して一部の学者だけの問題ではない。国民全体の基本的人権が脅かされる深刻な問題をはらんでいる〉
「日本学術会議法は新会員について『学術会議の推薦に基づいて首相が任命』と規定している。政府は『形式的任命』だと繰り返し答弁し、『任命拒否しない』のが確定された法解釈だ。これを政府が勝手に変えるなら国会審議の意味がなくなる。国会否定、三権分立否定だ」
菅首相の答弁。初めの嘘が次の嘘を呼び、際限なく嘘の上塗りが続く「うその自転車操業」と、国会の否定。
科学と政治の論理は違う。政治は少数意見を大事にしながら議論をつくし、最後には多数決の原理が働く。しかし、科学は多数決ではなく、それが真理かどうかで価値が決まっていく。…もともと、科学では、新しい価値ある学説は、必ず最初は少数から始まる。
その通りだ!!
反日学者に税金使うの拒否したくなるの当たり前でしょ

野党ぬーぶ草ですわ

モバレで言うと、s5マイヤがソロレーンで集合ピン打ちまくるのに近い印象
人権は生活する為の権利である。権力を押し付けてはいけない!

基本的人権として憲法で保障された思想・良心の自由、表現の自由、学問の自由が侵害される危険が増している
#変態毎日新聞 は共産党の機関紙になったんかwww  ⇒
#菅首相は日本学術会議会員6名の任命拒否を撤回してください
×総合的俯瞰的な観点の活動を確保するため
○6人を任命すると支障が出るのかに答弁ができない
×大学が偏っている 多様性を大事にする
○3人は少数の私大の研究者だ
×事前調整ができなかった
○会議元会長 調整はなかった
デタラメ答弁の連鎖
>共産・志位氏「科学を政治のしもべにしてはいけない」

それはまさに学術会議を支配して選挙を経ず不当に国政に影響を与えてきた共産党自身に向けるべき言葉です。
「任命拒否をしない」というのが、国会審議を通じて確定された法解釈だ。これを政府が勝手に変えるならば国会審議の意味がなくなる。国会の否定、三権分立の否定だ。
かつてアイアコッカは、私の考えの正しいことを証明するのが研究員の役割だというような趣旨のことを言ったらしい。
タバコ会社から研究費貰えばその研究はタバコは体にいいとなる。
その6人は誰から金もらってたのかすごく気になる。
憲法が示すもの…学問の自由。
政治にとらわれない自由な学問の成果で、政治の方向を科学的に規定すること。
アベスカがやりたいこと…学問からの自由。
科学の成果にとらわれずに、好き勝手に利益を貪ること。
嘘だらけの
自転車操業で嘘をつく
恥ずかしめもなく外聞もなく 公彦

「任命拒否しない」
というのが確定解釈
 公彦

>菅政権による基本的人権の危機 | | 志位和夫 | 毎日新聞「政治プレミア」
志位委員長/
「うその自転車操業」と国会の否定三権分立の否定
自民党PT「23年政府から学術会議の切り離し案」勘違い著し
| | | 毎日新聞「政治プレミア」

学術会議の任命拒否に関する政府の説明は、まさしく「うその自転車操業」だ。
志位氏曰く、「安倍政権に対し『戦後最悪の内閣』と批判を続け、対決してきた。しかし、菅政権はそれを超える重大な問題を抱える内閣だ。」政権交代が必要!
あっ志位さんだ!
強権をもって異論を排斥する現政権の危険‼️
全ての問題に関わる。
仮に共産党が政権をとっても決して国民生活に変わりはないと猛烈にアピールしたほうがいい。
学術会議は一時共産党の出先機関だったんじゃなかったっけ?あとゴネてる連中は科学と無関係の連中ばっかじゃんw
論理構成が良い。自民党の奴らもこれくらい頭が良ければ良いのにな…。--------
「科学が真理を探究し、発展していくためには、何よりも自主性、独立性が大事なのだ。科学を政治の支配下に置いてしまったら、科学は死んでしまう」。共産党の志位和夫委員長の訴えです。
「菅首相は最初、「学術会議の総合的、俯瞰(ふかん)的な観点の活動を確保するため」と述べていた。しかし私が「6人を任命すると、総合的、俯瞰的な活動に支障が出るのか」とただすと、答弁ができない。」
学術会議への人事介入問題の根本にあるのは、「科学を政治の支配下においてしまおう」という野望です。しかし、自由と独立性は科学の発展にとって絶対不可欠であり、それが損なわれたら科学は死んでしまう。そのことで損害を受けるのは社会全体であり一人ひとりの国民です。
そりゃ、学術会議は党のしもべだからなあw
自分の気に入らない『人・思想等』を否定し、排除するのはヒトラー総統の実践した手法。菅総理がマネしているぞ!
あっちこっちの組合や組織を、分離独立させて党の指導下において、「政治の道具化」している団体の言葉とは思えない ww
でなくても、現政権の強権的な部分に、ある意味の恐怖を感じている人は多いのではないか?

「強権をもって異論を排斥する現政権の危険をまざまざと示した」
菅も長すぎる!裸の王様に成りつつあるな~~~~
#種苗法改正案を廃案に
#日本学術会議への人事介入に抗議する
アホの毎日新聞が独裁者、志位和夫の持論を持ち上げ。こうして経営危機に向かって行くのだなー。
共産党は宗教ではなく科学的合理性を行動原理に据えてるから、科学への政治介入に敏感かと。天皇の存在意義を神話ではなく、仕事ぶりから認めることは大事。/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR