TOP > 政治・経済 > 新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を | | 志位和夫 | 毎日新聞「政治プレミア」

新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を | | 志位和夫 | 毎日新聞「政治プレミア」

47コメント 2020-11-24 07:13  毎日新聞

 新型コロナウイルス感染拡大が深刻だ。全国で新規感染者が急増し、2000人を超える日も続き、たいへん深刻な状況だ。「第3波」が到来したことを直視し、何としても感染爆発を止めなくてはならない。

ツイッターのコメント(47)

➡日本共産党の志位和夫委員長がインタビューで
PCR検査の抜本的強化を2020年の11月24日に
強調しているのに未だに対応していない!
*****


毎日新聞「政治プレミア」-2020年11月24日
緊急事態宣言をいくら小出しにしても、再び繰り返すだけだ。根本的な政策を見直し、改善せねばならない。
11月の記事だけど。
「新規の感染者数が下がったときに検査を増やすべきだったのに、それをやらなかった。」から無為無策。医療態勢支援も無為無策orz
「検査」「保護」「追跡」という感染症対策の基本の充実を
感染爆発を起こしてたニューヨークでは、検査・保護・追跡の徹底で、感染者数を大幅に抑えてる。
後ろに飾ってある似顔絵が気になって仕方がない。
なんで政府は検査を嫌がるのか?
「最大の失敗はとにもかくにも検査数が少ないことだ。日本の人口当たりのPCR検査実施数は世界で153位。どんな言い訳もできない異常な遅れだ」
日本の人口の多さおよびPCR検査の異常な少なさを考慮すれば新規感染者数は毎日4〜5万人を超えとっても全くおかしくねえわ。
志位さんが一番まともなこと言ってくれている。
法政大学学長先生なんてぇ、ジャポーーーン・リーダーの資格梨っちゅうてるだよォ (^-^*)ノ
志位和夫・共産党委員長

 毎日新聞「政治プレミア」-2020年11月24日
日本の人口当たりのPCR検査実施数は世界で153位。
現在は北海道、大阪、愛知、神奈川、埼玉の5道府県の増え方も大きく、危険な状況になってきている。政府の無為無策が続くならば、全国規模で感染が拡大し、医療崩壊を引き起こし、多くの犠牲者を出す危険性がある。 | |
志位氏いわく、「私は菅政権を『倒さなければならない危険な内閣』だと痛感している。」
毎日新聞が、しんぶん赤旗とほぼ同じ内容を報じている。これは面白い❗️それだけスガ政権が無策と愚策を繰り返しているからだ。
菅内閣の対応は危機感がなく、無為無策というほかない。最大の失敗はとにもかくにも検査数が少ないことだ。日本の人口当たりのPCR検査実施数は世界で153位…本文より。
PCR等検査については、政府が無症状感染者を把握・保護するという検査戦略を持っていないことが大きな問題だ。
国費を使ってまで国民全体にPCR検査を受けさせることにはさほど意味がありません。PCR検査にはそこまでするほどの精度が無いからだそうです。
自民党員は共産党の政策をパクるのが得意なんだから、さっさとこの政策を取ってくれ。
こちらの提案に全面同意。
政府も「面の検査」「社会的検査」の重要性を否定できなくなってきた。問題は2分の1が地方負担だということだ。ここがネックになって二の足を踏む自治体が少なくない。
ここでカネを出し惜しんでどうする。「全額国費で検査する」と明言し、ただちに実行を!
ぼくの かんがえた さいつよの ころなたいさく をじっししない せいふは おかしい。

じゃあ、何故アメリカメディアが発表した新型コロナウイルスの対応ランキングで日本は2位なんでしょうね?
良く調べているし、勉強しているなぁ…。御用学者にテレビに出てもらうより、志位和夫にテレビに出てもらってコメントしてもらう方が有効じゃないか?--
菅内閣の対応は危機感がなく、無為無策というほかない。最大の失敗はとにもかくにも検査数が少ない。

日本の人口当たりのPCR検査実施数は世界で153位。どんな言い訳もできない異常な遅れだ ❗
正論。反知性の自民党を地球から駆除しないと。
志位さんに総理大臣になってほしい
厚労省も述べていることがなぜできない
「感染急増地となるリスクの高い繁華街などをピックアップし、「面の検査」―その地域で働く人や住民を網羅的に検査」
「集団感染が起きたらリスクが甚大なところ―病院、介護・福祉施設、保育園、幼稚園、学校などに対する「社会的検査」
「接触追跡(コンタクトトレース)を行う体制を、急いで強化しなければならない。欧州では、検査数は増やしたが接触追跡が不足したため、感染急増を招いたといわれる。日本では接触追跡は保健所が担当しているが、圧倒的に人手不足だ」
やっと野党から対案が出た! #
2020年11月24日
他の野党はなんで言わないんだ。
「検査」「保護」「追跡」という感染症対策の基本の充実を‼
"PCR等検査については、政府が無症状感染者を把握・保護するという検査戦略を持っていないことが大きな問題だ。"
「私は菅政権を「倒さなければならない危険な内閣」だと痛感している。」
⬆️
この部分、志位さんに賛成‼️

コロナが増えると検査数が増えたからと言い訳するが、陽性率が爆上げしているのが事実。
こういう「真っ当な判断をできる党」が与党なら、日本の感染状況はもっとマシになっていただろうに・・・。
この感染急増局面で「マスク会食」の菅政権では危険。感染急増地で「面の検査」、医療・介護施設の「社会的検査」、感染者の追跡強化。直ちにやってほしい。
日本の人口当たりのPCR検査実施数は世界で153位。どんな言い訳もできない異常な遅れ。
現在の感染急拡大を抑止するうえで最も重要になるのは、「検査」「保護」「追跡」という感染症対策の基本を抜本的に充実することだ。
「成り行き任せ」という無為無策を続けている。人事権を振りかざせば官僚を「忖度」させることはできるかもしれないが、ウイルスは「忖度」してくれない。
《現在の感染急拡大を抑止するうえで最も重要になるのは、「検査」「保護」「追跡」という感染症対策の基本を抜本的に充実することだ》
共産党の志位和夫委員長は「菅内閣の対応は危機感がなく、無為無策というほかない。最大の失敗はとにもかくにも検査数が少ないことだ」と指摘する。
現状の政府のコロナ対応の問題点について、簡潔に述べられており勉強になります。
健常者へのPCR検査で感染予防などできないのに無制限のPCRを叫ぶ。PCRしまくったフランスもドイツもNYもまた感染爆発起こしてるのに、ぜーんぜん学ばない。
志位さんの言う通り、政府はいつもバタバタしてるのが率直な感想。コンティンジェンシープランが無い政権ほど怖いものは無い。
志位和夫・共産党委員長
2020年11月24日


現行3割負担次元から

1割負担へと戻した上で10割健康保険適用とのことを言った場合、

さて、現行国保掛け金がどのくらいの金額まで上げればよいの
誰にともなく言うけど、自民党のほうが「政権担当能力」があるなんて御託は、これを読んだら、普通の神経の人間なら2度と口に出せまい。
〈菅内閣の対応は危機感がなく、無為無策というほかない。最大の失敗はとにもかくにも検査数が少ないことだ。日本の人口当たりのPCR検査実施数は世界で153位。どんな言い訳もできない異常な遅れだ〉

/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR