TOP > 社会 > 統計不正は安倍政権の内臓疾患 社会を毒する闇を暴く | | 小川淳也 | 毎日新聞「政治プレミア」

統計不正は安倍政権の内臓疾患 社会を毒する闇を暴く | | 小川淳也 | 毎日新聞「政治プレミア」

30コメント 登録日時:2019-02-19 08:55 | 毎日新聞キャッシュ

 勤労統計の不正は、一見小指の傷のように見えて、実は内臓疾患だ。政権の体質に深く根ざしている。そこを突くことで初めて、安倍政権の体質に憤りを感じている国民の期待に応えられる。単なる官僚の失態にとどめてはいけないと最初から思っていた。...

ツイッターのコメント(30)

統計不正は安倍政権の体質  | 小川淳也「私は総務省出身で、同期が課長の一歩手前ぐらいだ。にじみ出てくる政権の雰囲気はリアルに伝わってくる。幹部人事でも正論を言った人が左遷され、政権におもねる人が出世している」
安倍政権の内臓疾患とか、またモリカケみたいに新しい追求係の役者売り込みキャンペーンか。山尾、小西、玉木とか取っ替え引っ替え
統計不正は安倍政権の体質  | 統計不正 | 小川淳也 | 毎日新聞「政治プレミア」
:小川淳也・元総務政務官
毎日新聞「政治プレミア」 - 2019年2月19日
@okatamakocom こんな失礼なタイトルもありました。病気に例えるのも考えもの😓
何で安部政権だけなんでしょうか?歴代の政権に責任は無いのでしょうか?見る者の思考を誘導しては生けません。
立民 小川淳也議員
「私は総務省出身で、同期が課長の一歩手前ぐらいだ。にじみ出てくる政権の雰囲気はリアルに伝わってくる。幹部人事でも正論を言った人が左遷され、政権におもねる人が出世している。」
今国会の、もしかしたら最大の功績は、この人を始め野党の若手中堅議員のまともな面々が見えたことではないか?それに比べ与党はお些末さが目につく。答弁者は、はぐらかしのだらだら答弁と、質問者を小バカにしたような笑いは止めて欲しい。見ていてとにかく不愉快!
「首相のごまかす姿勢が社会全体に浸透」

 官邸の人事
最初から小指の傷には見えなかったけどね さすがに今度もアベそのものだったよ
...政権の体質に深く根ざしている。そこを突くことで初めて、安倍政権の体質に憤りを...

内臓疾患者として、この見出しと表現が気になる
勤労統計の不正は、一見小指の傷のように見えて、実は内臓疾患だ。
その通りだ。小川さんがんばれヽ(;▽;)ノ
これは
>>最初に政府の統計に疑問を持ったのは国内総生産(GDP)統計がきっかけだ。2015年度のGDPは統計手法が変更されたことに伴い、31兆円も上昇した。「6%の名目経済成長」が一夜にして成し遂げられたことになる。 |
凄まじく良記事‼️👏👏👏

“国民運動としてモラルを復権し、本来日本社会が備えていた当たり前の状況を取り戻さなければいけない。”
私は安倍政権を変えることで日本社会の癌の多くを取り除くことができると思っています。政治の姿勢が社会をすさませることを安倍政権で痛感しているから。
2/19毎日: (小川淳也・元総務政務官)
「質疑の動画を分割してポイント解説をつけてくださった方までいた。」
しんぞうだけに致命的。
若い官僚までもが安倍首相や閣僚と同じようにのらりくらりと質問をかわして本筋の話をしない、そういう物言いをするようになったというところ生々しい。有料記事だけど。。
以前から注目はしていたが、立憲の新たなエースの登場といったところか。首相を追い込み、与党席の議員を黙らせた昨日の弁舌には驚いたし、感動した。ヒューマニズムが彼の思想の根本にはある。惜しむらくは原発再稼働を容認している点。改めて考え直して欲しいと願う。
GDPが本丸だ
国際基準の導入、基幹統計57中32の手法見直し等で31兆円かさ上げ、GDP6%成長が一気に達成
GDP600兆円目標のぶち上げは出来レース、アベノミクス粉飾
| 毎日新聞 「都合のいい数字や言葉の粉飾、政権が喜ぶものを持って行った人がほめられる。しかし都合のいい数字や粉飾された言葉の裏に隠されている真実、社会が抱えている矛盾は見えなくなっている。」
この政権の体質を放置すると社会の隅々まで無責任な風潮が広がり、毒が回ってしまう。国民運動としてモラルを復権し、本来日本社会が備えていた当たり前の状況を取り戻さなけ…
晋羅万三は国 会で5 回 選
挙で勝ったと野 次を入れた。
そこには、マスコミの洗 脳報道と『公 正でない選 挙』で今度の選挙も勝つつもりでは。
《「勤労統計の不正は、一見小指の傷のように見えて、実は内臓疾患だ」。衆院予算委での質問が反響を呼んでいる小川淳也衆院議員。安倍首相のごまかす姿勢が、官僚だけでなく社会全体に浸透していると指摘します。》
有料記事ですが…。
なぜ安倍政権のこんな政治が支持されるのか、このような政治家の姿勢が許されるはずがないと思ってきた。---
小川淳也さん頑張れ!
「この政権の体質を放置すると社会の隅々まで無責任な風潮が広がり毒が回ってしまう。国民運動としてモラルを復権し、本来日本社会が備えていた当たり前の状況を取り戻さなければいけない」

統計不正は安倍政権の内臓疾患、
「勤労統計の不正は、一見小指の傷のように見えて、実は内臓疾患だ」。予算委での質問が反響を呼んでいる小川淳也衆院議員。安倍首相のごまかす姿勢が、官僚だけでなく社会全体に浸透していると指摘します。
以上

記事本文: 統計不正は安倍政権の内臓疾患 社会を毒する闇を暴く | | 小川淳也 | 毎日新聞「政治プレミア」

いま話題の記事