TOP > 社会 > 新型コロナ ただの風邪でも診てもらえない | 医療プレミア特集 | 高木昭午 | 毎日新聞「医療プレミア」

新型コロナ ただの風邪でも診てもらえない | 医療プレミア特集 | 高木昭午 | 毎日新聞「医療プレミア」

16コメント 2020-03-16 12:22 | 毎日新聞キャッシュ

 新型コロナウイルスの感染拡大につれて、感染の有無を問わず「発熱した患者は診療できません」という医療機関が出ています。ただの風邪でも「熱がある人は診ない」というのです。感染症の専門医は「本当は断ってはいけない」と指摘しますが、一方で、断る裏には事情があると話します。...

ツイッターのコメント(16)

昨日、病院に拒否られた
これまだ続いてるよね…と昨日病院に行って思った…
いま日本がとっている対策だと、こういう問題が必然的に起こるわけだよね。にもかかわらず、それに加えて医療従事者が感染に脆弱となると、いいところって何が残るの?/
こういう「医者に診てもらえなかった」不満の声が、陰謀論者のエサになるんだな。
コンビニに風邪薬だとか、花粉症の薬だとかあったらいいのに
やっと新聞の医療記事で取り上げるようになったな…
発熱時の医療拒否は難しい問題ですよね。
動線と時間を分けて、診療して欲しいです。
・通常の風邪による発熱、インフル、その他の内臓の異常のある方にとっては誤っています。
・高血圧等の持病での定期診療する方に広めない考えに立つと正しく思えます。
友人の公立病院の院長は早い段階から、PCR検査が増えない理由について、「開業医の気持ちは解る。自分の生活は守らなくてはならないだろう。でも、それでいいのか?」と憤っていた。難しいとは思うが、医者の原点に戻って欲しい。
これはもう医療崩壊なんじゃないの?亡くなる人も増えるのでは?
この記事はここまででいいとして、何でマスクが足りないのか政府は何をしているのか、全体像に迫る記事を書いて欲しい。実際、マスクだけではcovid-19には足りない事も。
物資欠乏の傾向ありといえどこれはひどい話だと思う(生活者としての感想です)| #毎日新聞
センターも町医者も受け付けない。
町医者は院内感染を恐れてか、センターは陽性者を増やしたくない。
検査しないのだから
統計上の件数は増えないし
感染者数も増えない
新型コロナウイルスの感染拡大につれて、ただの風邪でも「熱がある人は診ない」という医療機関が出ています。感染症の専門医は「本当は断ってはいけない」と指摘しますが、断る裏には事情があるといいます。
おお、診断拒否って報道だ。ほんとかね?
医療プレミア特集: - 毎日新聞

てか、ただの風邪だけで、医者に行く方がどうかしてると思うんだけど。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR