TOP > 社会 > 聖域なんてない? 経済記者は見た「菅首相」の恐ろしさ | 経済記者「一線リポート」 | 大久保渉 | 毎日新聞「経済プレミア」

聖域なんてない? 経済記者は見た「菅首相」の恐ろしさ | 経済記者「一線リポート」 | 大久保渉 | 毎日新聞「経済プレミア」

37コメント 2020-09-16 05:39 | 毎日新聞キャッシュ

 次期首相となる自民党総裁に菅義偉氏が決まり、菅政権が発足する。自民党としては初の「無派閥たたき上げ」の首相で「非世襲」は20年ぶりという。そんな菅氏は安倍政権の路線継承を明言しているものの、いずれ政権運営で菅カラーが出てくるのは間違いない。...

ツイッターのコメント(37)

■日本/政局
メモ(大久保渉さん)

「菅首相を待望する官僚は、聖域を恐れず、政策を実現してしまう姿にほれ込んでいる」
「菅首相を警戒する官僚は、大義や理屈を無視し、個別政策の実現に血眼になる姿に危うさを感じている」
党税調の野田毅を切ったことは安倍政権の金星。財務省対策に麻生さんを置いたが、財務省はびくびく。
経験の浅くスキルが低い人間には、仕事が出来る人が恐ろしく感じるもの きわめて普通の話だ
さんざん岩盤だ、族議員の巣窟だとののしっていた自民税調がやられた話を、今になって官房長官恐ろしー話に仕立て直すいやらしさよ
素晴らしい記事😃
パンケーキが好きなレイワおじさんとか言ってる場合ちゃうぞ!、と筆者の先輩が言っている気がします。目的のためなら手段を選ばないのか!?
ネガキャンなのだろうが、こういう「何としても勝つ!」という執念がいい。私は好きだよ。
「しっぽ(菅氏)に胴体(政府・与党)が振り回されている。むちゃくちゃだ」
昨日のこれも読みごたえありました。これまで菅さんに持っていた「サブ」っぽい印象ががらりと変わった。(有料記事)
本当に恐怖を感じているのならこのような記事すら書けないんじゃないのかな? どっかの隣国と違って思いのたけ罵詈雑言ぶちまけても身の安全は確保されている平和な国ニッポン
「菅首相を待望する官僚は、聖域を恐れず、自らの責任で、どんな手を使ってでも政策を実現してしまう姿にほれ込んでいる」。首相としての初記者会見を見ても、相当大胆なことをやりそうな気配はあります。
消費税の増税以上に軽減税率の導入が最悪だったと思っているんだけど、これもすがさんなのか。
多分、菅氏という方、自分の琴線に触れた政策はノリノリでやる方なんでしょう。デジタル庁案件とか。これ実は結構、利権・タブーに触れるヤバいものなのですが・・・。
役人は忖度しながら、同氏に対するプレゼン術を磨く必要があるでしょう。
>当時の安倍氏は外交を優先し、軽減税率への関心が薄かった。菅氏の意向で物事が動いているのは「公然の秘密」だった。

結果的には良かったと思うけれど、前総理のこのバカボンボンぶりには呆れる。税金の在り方を軽視する政治家なんてろくなもんじゃない。
「別の経済官庁幹部は「日本をどんな国にしたいのか、大きなビジョンが見えない。暗い雰囲気で指示が細かい首相は旧民主党政権の菅直人氏以来で、官僚が萎縮しないか心配だ」と話す」

菅(かん)でも菅(すが)でも雰囲気が暗く指示が細かいのか…。
本筋から脱線ですが、国家公務員やはり「民主ガー」で、膿自民と一緒じゃないとのびのびできないらしい😩💨

経済官庁幹部「日本をどんな国にしたいのか、大きなビジョンが見えない。暗い雰囲気で指示が細かい首相は旧民主党政権の菅直人氏以来で、官僚が萎縮しないか心配..
野中広務のように、小沢一郎を騙して自自公連立に持ち込んだのも官房長官の職責
菅氏は
公明党や支持母体の創価学会幹部らと接触を重ねつつ自民党税調とタッグを組む財務省幹部に
公明党案をのめないなら
消費増税そのものを先送り
やはり首相として相応しくないんじゃないか?知らんけど。
いよいよ悪夢の菅義偉政権がスタートした。
安倍の数多の悪事は蓋をされ、院政の晋三と二人三脚で悪政を取り仕切るものと思われる。
安倍政治下でのマスコミ以上に安倍政治亜流の菅政治に阿る報道に進むはずだ。
この政権を短命に終わらせるしかこの国の民主主義復活はない。
菅氏の「恐ろしさ」を目の当たりにした記者のリポートです。冷徹な実利主義が今後の政権運営にどのように表れるか注目です。
官房長官時の菅氏➡️時の首相ですら口を挟めなかった自民党税制調査会と全面対決し、「聖域」をぶち壊したことだ。権威や慣習をモノともせず、大義や理屈すら無視して、実利を取りに行く姿に空恐ろしさを感じた🙀🙀🙀
経済部・政治部で政官の動きを取材した大久保記者ならではの原稿です。私にとっては一緒に財務省を担当したパイセンですが、この原稿は特に力が入っている気がします。 | 毎日新聞
新首相についての官僚の見方も分かれているよう。
"聖域を恐れず、大義や理屈を無視し、どんな手を使ってでも個別政策の実現に血眼になる姿に「大きなビジョンが見えないから菅の理解さえ得れば希望する政策を実現できる」"
経済部記者から見える菅さんの
今ごろスガは恐ろしいと報道するメディアも恐ろしい。
@moriai8 良い午後をお過ごし下さい。
経済官庁幹部
「日本をどんな国にしたいのか、大きなビジョンが見えない。暗い雰囲気で指示が細かい首相は旧民主党政権の菅直人氏以来で、官僚が萎縮しないか心配だ」
経済記者「一線リポート」大久保渉 『経済官庁幹部は「日本をどんな国にしたいのか、大きなビジョンが見えない。暗い雰囲気で指示が細かい首相は旧民主党政権の菅直人氏以来で、官僚が萎縮しないか心配だ」』(本文より)
「日本をどんな国にしたいのか、大きなビジョンが見えない。暗い雰囲気で指示が細かい首相は旧民主党政権の菅直人氏以来で、官僚が萎縮しないか心配だ」(経済官庁幹部)
〉暗い雰囲気で指示が細かい首相は旧民主党政権の菅直人氏以来
だから十年一日なんですね。常にこういう報道の書き方がおかしい。「恐ろしさ」ではなく「いやらしさ」と正しく書くべき。
経済部、政治部の現場取材を積んだ大久保キャップのリポート。菅氏の実像を良くとらえた記事だと思います。実務能力、突破力は高くても、「暗い雰囲気で指示が細かい」「大義や理屈すら無視して、実利を取りに行く」人が一国の首相になることに対しては、正直不安を覚えます。
菅首相を警戒する官僚は、大義や理屈を無視し、個別政策の実現に血眼になる姿に危うさを感じている。党内で「人格者」の誉れ高い谷垣氏の顔に泥を塗るような冷酷さへの恐れも少なくない。
〈…別の経済官庁幹部は「日本をどんな国にしたいのか、大きなビジョンが見えない。暗い雰囲気で指示が細かい首相は旧民主党政権の菅直人氏以来で、官僚が萎縮しないか心配だ」と話す…〉

果たして。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR