不安喚起し人を支配 被害者救済弁護士が指摘する旧統一教会の問題点 | 毎日新聞

15コメント 2022-08-25 10:11|毎日新聞

ツイッターのコメント(15)

不安喚起し人を支配、ではこういう報道がまさにそのパターンだと思います。宗教に対する不安の揺り起こし。
岸田総理が
関係を点検し、内閣に任命した後も
次から次に
新たな関係が発覚
ついには岸田総理自らも
泥沼状態、そんな中でも
今も苦しんでいる日本国民がいる
被害にあっている方々に
何度も焦点を引き戻しながら
何をすべきか、できるか
国民みんなで
考えたいと思います
>献金させることが目的だから、金がない人は誘われない。ただし、預貯金が少なくても若者などの労働力として(中略)あの世の存在や占い、目に見えないものの力などをまったく信じない人も対象外になりやすい< やはりそうか
どこもかしこもエホバも不安喚起の手口
宗教団体

素直な人かどうか、宗教心があるか――などが勧誘対象を選別する際の重要なポイントになる。
⇒電気足りないと言って新原発増設する話かと思った。
迷信を現実のように思い込ませるために教会のビデオや映画で地獄の恐ろしさを疑似体験させる。亡くなった身近な人が地獄で苦しんでいると思い込まされ、供養のために必要だと献金を求められるようになる。
こういう団体にお墨付きを与えていたんだよな。自民党政府は。
<迷信を現実のように思い込ませるために教会のビデオや映画で地獄の恐ろしさを疑似体験させる。亡くなった身近な人が地獄で苦しんでいると思い込まされ、供養のために必要だと献金を求められるようになる。「金で済むのなら安い」と考え、破産するまで借金を繰り返す>
郷路弁護士:
「預貯金100万円以上や素直な人かどうか、宗教心があるか」
「預貯金が少なくても若者などの労働力として使い勝手がよい場合は誘われる」

【 被害者救済弁護士が指摘する旧統一教会の問題点】 | 毎日新聞 2022/8/25
旧統一教会の被害者救済に30年以上、携わっている札幌弁護士会の郷路征記弁護士(79)が24日までにオンライン講演👺🤩🤗
<預貯金100万円以上や素直な人かどうか、宗教心があるか――などが勧誘対象を選別する際の重要なポイントになるという。「献金させることが目的だから、金がない人は誘われない。ただし、預貯金が少なくても若者などの労働力として使い勝手がよい場合は誘われる」と話す>
自民党と同じ手法
ウクライナ進行に乗じて、防衛費を増額して原発新設とか言ってる。似た者同士だわ
の被害者救済に30年以上、携わる郷路征記弁護士(79)が、元信者らからの聞き取りを基に旧統一教会の問題点を指摘しました。その手口とは――
被害者救済弁護士が指摘する旧統一教会の問題点...
以上
 
PR
PR