旧統一教会批判の「危うさ」 ある僧侶が口にした懸念 | 毎日新聞

112コメント 2022-08-14 11:07|毎日新聞

 安倍晋三元首相が銃撃され死亡した事件をきっかけに、報道やインターネットでは「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」への批...

ツイッターのコメント(112)

「正しさを抱きしめ、間違ったものを正義の鉄ついでたたきたいという欲求は誰にでもある。だから、人間は絶対悪を見つけたときに一番残酷になるのです」
むしろ宗教家は今のところは特に問題を起こしていない宗教まで、危うくした旧統一教会を批判すべきでは?無神論なら風評ではなく実害を受けた場合だけでいいが、宗教家の場合は延焼があるんだから、むしろ。
「霊感商法」や献金の強要などの問題や政治家との関わりは批判、検証されるべきだが、信者個人の人格や、旧統一教会以外の新宗教もまとめて否定するような言説も見られる」
「危うさを感じます」と瓜生崇氏。
政界や教団幹部への批判にとどまらず末端信者まで叩いてると危険よね
/
<話題の記事>


「長期的に見て、良い方向には進んでいない」。カルトからの脱会支援活動を続けている僧侶はそんな懸念を口にしています。
この記事のこと。
ただそういうのを無視して、宗教団体全部が悪いような言い方をしてきたのもマスコミであるわけで。
宗教自体が胡散臭がられるというのはあるにしても、リードする側も考えて。
これだこれ
有料記事で最後まで読めんが、瓜生さんも語ってたんだな。
無料部分しか読んでないけども
わが国ではもう新宗教信者の人権を認めないってレベルで叩かれてるので、もうどうしようもないわな……
色々配慮しなければいけないところはあるんだな。
瓜生さん

信者が「一斉にバッシングを浴び、信仰そのものが悪であるように言われることはつらいと思います」

…人と信仰と霊感商法は分けているつもりですが、信者はお辛いでしょう。

信者の総意で社会に認められる団体になっていただけると有難いのですが。
〈人間は絶対悪を見つけたときに一番残酷になる〉
〈正しさを抱きしめ、間違ったものを正義の鉄ついでたたきたいという欲求は誰にでもある〉
悩む信者たちを追い詰めるのではなく「対話や理解の糸口を残しておくことが大事」
旧統一教会批判の「危うさ」
《旧統一教会批判の「危うさ」ある僧侶の懸念》「信仰そのものが悪であるように言われるのはつらい」。 ウィキペディアの一部:日本は"エバ国家"で「サタン」の国である…エバ国家日本をアダム国家韓国の植民地にし,天皇を文鮮明にひれ伏させる。これを悪とは言えないのか?
途中で読めなくなる記事を載せないで欲しい
それとは別問題として、政教分離、宗教法人課税をきちんと行うべき。
「木や石」etcを信心の対象とするのも「信教の自由」だが、信仰の証として、俗物を売りつけるのは、自由を逸脱している。選挙を手伝わせたり、会合への祝儀・顔見世etc議員は【国賊・売国奴】だ。移住せよ😛
カルト脱会支援をする僧侶・瓜生崇さんのインタビュー。

「旧統一教会の問題をマスコミは無視し続けた。抗議や訴訟を恐れていたのだろう。メディアが継続的に問題を明らかにしていたらあそこまで暴走しなかったかもしれない」
「人間は絶対悪を見つけたときに一番残酷になる」
——瓜生さんがまず強調するのはマスコミの責任だ。「全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)や日本脱カルト協会が継続して旧統一教会の問題に取り組んできたのに、マスコミ各社は無視し続けた。抗議や
宗教は人々に心の平穏をもたらして人々を救ってきたのは確かだが、一方権力者の横暴に対して目をふさぎ、不当な支配を助けてきたことも事実だ。
日本人の財産を取り上げて奴隷にしつつ自民党を強力にサポートするという超人的な存在の統一教会を潰したいと思ってる人は少ないかもしれない…
「友達」の瓜生さんの記事。瓜生さんの記事のシェアはこれで3記事目でしょうか。是非、多くの方に読んでいただきたい記事です。

「 ある僧侶が口にした懸念」
そうではありません!
あえて言おう。
信仰そのものが間違っているのです。
だからお花畑ちゃんが湧き出す。
なぜ宗教が戦争を起こし続けているのかを考えてみよう。
良い信仰と悪い信仰の違いがあなたにはわかるか?
統一教会と信者が別というのは理解できないでもない
しかし、大元の教会自体がカルト的活動をしているなら宗教法人格は認めるべきではない
信者には時間をかけ説明し信奉を解くべきだろう
信仰自体は悪ではない
ですが信仰の対象が反社会的なカルトなら被害者に対して組織的な加害に加担してる自覚は持たないといけないと思います
昨日も芸能人が『ヒートアップさせなきゃならないんだよ!』みたいに仰られてましたけど、その煽りが良くないことに繋がった場合、責任は取れるんですかね…
統一教会が宗教じゃ無いのは誰の目にも明らかだ。被害者を洗脳し"信者"に仕立て上げ、全ての財産を奪い取る、反社団体なのは明々白々では無いか!解散させるしか"信者"と言う名の被害者を救う道は無い‼️//
一番ビビってるのは公明党(創価学会)だろうよ
、信者にも層があり、こうした被害に遭わずに地道に信仰活動を続ける人もいると指摘する。「一斉にバッシングを浴び、信仰そのものが悪であるように言われることはつらいと思います」
こういう視点も必要。
毎日新聞さん、旧統一教会と創価学会の違いは?壺とお布施の違いは?
そもそも論としてそれって旧統一教会だけの問題って事❓霊感商法や献金の強要、信者個人の人格や、自分達以外の宗教もまとめて否定するような言説等々、世界的に見たら殆どの宗教団体が似たような事をやっているのは自明の理って事💢それこそが宗教団体の不都合な真実って事💢
いや、信仰そのものが「悪」なんだよ。それもただの悪じゃない。吐き気を催す邪悪って奴だ。
毎日新聞さん、バランス取り出したね。
「『危うさを感じます』。カルトからの脱会支援活動を続けている真宗大谷派の僧侶、瓜生崇さん(48)はそんな懸念を口にする。『長期的に見て、良い方向には進んでいない』」
世論調査などに見られる旧統一教会問題に対する高い関心の中には、韓国人の教祖や新興宗教を異端視する負の感情も含まれていると思う。それを煽っているのはマスコミだ。
⬇️
<考えてみろよ、神社仏閣でお守りやお札は本当に効力が有るのか?壺が霊感商法でお守りやお札がそうじゃないってどこで決まるんだ?賽銭、お布施はどうなんだ?これはバカメディアが開いたパンドラだよ!
|


カルトはダメなんだと。
信者は今度は他の人を騙す連鎖を生む。オウム真理教も同じ。犯罪を犯した信者は一様に麻原に命令されたという。そして処罰された。
バッシングによる危うさではなく、社会がどう救うかだ。
深イイ話。ただ、統一教会の手法というのは、詐術的略奪的なビジネスともかなり似た手法をとっており、まずはそのことをしっかりと国民に教育していくことが重要であると思う。
少し私の思いとは違うけれど、、そうなのだ。。私も宗教を信じているから、とても気になる。
  にも、素晴らしいものがあるはずだ。
一番知りたいのは、、「中心の教え」は、何なのか?→
真宗大谷派か?
そういうところが既成宗教の衰退の原因!
自己を守ろうとずれたところで批判するところが狡いところで、辟易するわ!
若者の苦しみを助けることができない既成宗教のくせに金は要求するじゃないか!
しかも政治活動で埋めようとする自己研鑽していない聖職屋さんw
「危うさを感じます」。カルトからの脱会支援活動を続けている真宗大谷派の僧侶、瓜生崇さんはそんな懸念を口にする。「長期的に見て、良い方向には進んでいない」。どういうことか、話を聞かせてもらった。
それはそうかも知れませんが、でも、カルトにハマることを〈信仰〉と見做すべきかどうかという論点も忘れてはならないと思います。
全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)や日本脱カルト協会が継続して旧統一教会の問題に取り組んできたのに、マスコミ各社は無視し続けた。
人が、オウムや旧統一に”異質さ”を感じているのは信仰を理由に悪事を働いているからだ。本当は信仰なんてどうでもいいように見える。そして、信者に命令して悪事を働いている宗教団体と違って、たいていの企業は、トップのみの不祥事が多いので、企業との比較は間違っている
カルトの組織としての犯罪性はもちろんのこと、カルトの信者は、被害者である同時に加害者であるとも言える。組織と個人を分けて考えることはできないと思う。
真面目に信仰する信者?
統一教会は反共を軸として世界平和の中心に統一教会を据えるといつてますが。
大日本帝国のアジア開放の宣伝と同じでは?
「宗教者自身が、自分の教団の正しさを握りしめてしまっている」
 
PR
PR