渡航費は収入半年分 ウクライナ避難者への温かい手、冷たい視線 | 毎日新聞

11コメント 2022-06-27 11:11|毎日新聞

ツイッターのコメント(11)

ウクライナ人道支援に関するニュースや記事がめっきり少なくなっています。ここからが正念場、風化しないことを願うばかりです。丁寧に聞き取り、本質的なところをまとめてくださった記事をご紹介します。
(有料記事で申し訳ないです)
紛争や迫害で家を追われた人が、全世界で初めて1億人を超えた。難民、国内避難民はこの10年で倍増し、ロシアによるウクライナ侵攻の影響も重なった。
>>「ウクライナからの避難者は多額の支援金を手にしている。外国人より困窮した日本人を支援すべきだ」などと現実とかけ離れた意見も拡散している。

😨
ウクライナから日本到着までの渡航費は1人25万円程度。平均月収4万円と言われるウクライナ人には大きな負担です。友人などから資金援助を受け、4歳の娘を連れて避難したシングルマザーに話を聞きました。
戦禍や迫害から逃れてきた人たちを助けない、そんな冷たい国であって欲しくないです。命の危機にある人達を助けない国は、最終的には、自国民だって切り捨てていくのです。
ドバイでいいんじゃないですか?
ウクナチはこないでくださいね。
自国内避難、かつ手厚すぎる補償があっても10年以上生活を再建できないひともいるからね。
言葉も通じないウクライナからの避難はさらに大変だろう。
「(ウクライナの女性は)自立心が強く、到着して3日後くらいには仕事を探したいと言います」医師や会計士、教師、美容師などの高学歴者や技能者も目立つという。だが「日本では外国人は安い労働力として見る傾向があり、ウクライナの避難者が持つ希望と現実にはギャップが」
は?
何で外国人を助けなきゃならんの??
→『「ウクライナからの避難者は多額の支援金を手にしている。外国人より困窮した日本人を支援すべきだ」などと現実とかけ離れた意見も拡散』
(毎日新聞) マリアさんと娘のアリサちゃん=本人提供 紛争や迫害で家を追われた人が、全世界で初めて
書きました。「厚遇」は全く悪いことではなく他の国からの避難民にも適用されるべきものだと思います。国を追われて新たな場所に根を張るのは、支援があっても簡単ではありません。
以上
 
PR
PR