入管のブラジル人「制圧」は違法 国に賠償命令 東京地裁判決 | 毎日新聞

63コメント 2022-06-23 20:56 毎日新聞

 東京入国管理局(東京都港区、現・東京出入国在留管理局)収容中に職員から違法な制圧を受けたとしてブラジル国籍のアンドレ・クスノキさん(35)が国に500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(下...

ツイッターのコメント(63)

判決の結論に賛成。過剰な制圧はいけない。
しかし、トイレに立て籠った側が「入管の職員は、最初から力で制圧しようとするのではなく、説明したり、話し合ったりする姿勢を持ってほしい」というのは疑問。出てこい!という呼びかけをしていないことは考えにくい。
動画で見たけど、どう見ても尋常でない恫喝行為。おもてなし、の意味が変わるかも。
この記事気がつかなかったけど快挙です。
入管 「制圧」は違法


2016年11月
刑事事件の有罪判決が確定

強制送還の為、18年1月に東京入管に収容

牛久市の東日本入国管理センターに移送される際、居室のトイレ内にバリケードを作って立てこもり、複数の職員から連れ出されて後ろ手に手錠、別室へ
相当な犯罪を犯したブラジル人を仮放免だと?悪知恵を入れた日本人がいるのか?反日日本人と一緒に強制送還すべきだと思う。
こんなにする必要があるのか。。。/
賠償が命じられたのはいいとして、認定範囲が狭すぎるし、額(10万円)も安すぎるよな。
裁判所「そんな精神的苦痛は10万円程度でしかない」
と、言っている。
国じゃないだろ?職員当事者から賠償金取れよ。奴らはお咎めもないんだろ、厚かましい、ほんと‼︎
何かとやってられない入管職員さん達…
可愛そうに…
入管の収容施設内で時折起こるこの「制圧」(記事内動画参照)で怪我をした人がたくさんいます。他にも懲罰的に独居房に閉じ込めたり、さまざまな苦痛を味合わせ帰れない人たちに"帰国"を迫っています。
 
PR
PR