声をつないで:女子の大学進学 東京と鹿児島で格差2倍超 10県は30%台どまり | 毎日新聞

51コメント 2022-02-14 05:05|毎日新聞

ツイッターのコメント(51)

生粋の関東生まれ関東育ちの女性は、九州特に南部の出身の男性とは結婚しない方が良いとアドバイスしておきます💀

(記事より抜粋)
2021年春の女子の大学進学率(4年制)は、都道府県別で東京が最高の74・1%となり、最も低い鹿児島の34・6%とは2・14倍の開き
神奈川も、もっと高いと思っていましたが、微妙💦
なるほど🤔
マチであるはど大学進学率は高いな

男女ともに大学進学率が50%を超えるのは兵庫県以西では広島県のみ

福岡でさえ低いか

さて

ここから何を読み取るべきか🤔
少し前の記事。だんだん進学実績が落ちてきた背景には、実は都心部との「母親の学歴の差」も影響していると思うんだよね。
こんなに低いっていう感覚が全くなくて、毎回この手のニュースは本当にびっくりする。自分の周りは常識ではないみたいだという感じ。
九州山口は「大学に進学しない方が普通」なのがよく分かるね…( ´ཫ` )特に女性…
東京神奈川は7~8割行くのに5割に届かないのよ
大学進学率は男女共に都道府県で大きく変わる。
男女格差を比較するには、同じ都道府県におけるデータで男女差を比較すべき。
九州は、そもそも男尊女卑な気風が残る土地柄(あまりにも自然に幼少期から無意識に刷り込まれてるので、男女とも東京に住み始めた時に気付かされる)なのだが、その中でも鹿児島は特にその気質が強いと聞く。
いや。むしろ普通科より商業高校や工業高校のほうが倍率高い地方とかあるやで。なぜそう東京にあわせなあかんのかがふしぎ。
女子で全国最下位なの鹿児島すぎるな
進学率が低いのが悪い様なタイトルの記事だけど、地方で大卒に見合う就職先が無いことも大きいのでは?
家に大学進学の蓄えがなければ、社会人スタート時点で数百万万円の借金スタートになるんだから
大学進学が全てではない。
しかし確かに私の知る高校では、進路指導の際、
女子だから浪人はさせない、地元を勧めるなど、性別によって進路を制限するような発言が当たり前になされる。
教員、保護者を問わず。

現状を変えないと、と改めて決心。
「四年制大学」に限定すると、そうなる。ただし、短大や専門学校を含めると男子を抜く。コスパがいいからだ。女子は保育・看護・介護に進むことが社会構造上促されているようだ。
親族の世話担当として外に出さないようにする地方文化。
直接進学を阻止しなくても、空気を読む女子は自ら諦めてしまう。親が積極的に進学を奨励しない限り、こんな経済状態で女子の進学率は下がる一方だろう。
親の懐を当てにしない女子枠が一般にあるといい。自分が行きたいかどうかを第一に考える機会だけでも与えられるべき
大学進学する必要性は?
減少する子供世代の奪い合い。進学を煽って学生の集まりにくい質の低い大学が生き残ることが目的か?であればそんな大学がなくなれば国の助成金も他に回せるのではないか?
あ、そういえば、大学院合格しました!4月から勉強頑張ります。

そして、研究計画書のテーマはこれ。
鹿児島の女子の4年制大学進学率の低さについて
頑張るぞー!
東京の大学を鹿児島に移転しよう。東京に大学多すぎ。
鹿児島というのはジェンダー的な話もありそうですね。
2022/2/14 子ども自身の「四年制大学に行く」選択肢があるという確信は中学進学より前と思う。相当早くから諦めさせられ始め、繰り返し諦めさせ続けないと同じ時代と地域でここまでの差はつかない。
2021年春の女子の大学進学率(4年制)は、都道府県別で東京が最高の74・1%となり、最も低い鹿児島の34・6%とは2・14倍の開きがあることが12日、分かった。
親ガチャというより、出生地ガチャ。
東京なら貧乏でも中卒でもどうにでもなるし、虐待されてたら家出もしやすい(犯罪に巻き込まれる率も高いが)
地方では貧乏すらできない。貧困しかできない。全てからパージされるから弱者は都会に集まる。それは人類史が証明してる
女子の大学進学、東京と鹿児島で格差2.14倍東京 74・1% ⇔ 鹿児島 34・6%女子の進学率が男子を上回ったのは徳島と沖縄の2県だけで、鹿児島を含む10県は30%台にとどまった。男子の都道府県間格差は最大1・92倍
九州にいると本当にこれは感じる。男の子は四大、女の子は短大や専門学校ってきょうだいもまだまだ見るし。
”2021年春の女子の大学進学率(4年制)は、都道府県別で東京が最高の74・1%となり、最も低い鹿児島の34・6%とは2・14倍の開き...男子の都道府県間格差は最大1・92倍。

女子の進学率が男子を上回ったのは徳島と沖縄の2県だけで、鹿児島を含む10県は30%台”
鹿児島県は男子の大学進学率も40%なんですけど、そこは気にしないのかな?
男子も格差2倍ぐらいなので男女差はそんなにでも。

「男子の都道府県間格差は最大1・92倍。女子の進学率が男子を上回ったのは徳島と沖縄の2県だけで、鹿児島を含む10県は30%台にとどまった」
九州総じて低いし、福岡の男ですら50%切ってるんよなぁ
政令指定都市で1番低いやん?
この数字はちょっと驚いた。この前80年代後半の女子進学率に関する卒論を指導したばかり、ということもあるが。地方国公立大って、教育機会の点でも重要なんですよ。/
女子の大学進学率が男子よりも低いのは安全面などを考えると実家から離れた県外で一人暮らしをするコストが女子のほうが高いのが理由だろうと思う。その証拠に東京の男女進学率には差が無い。さすがに今の時代に「女性には学問は不要」なんて考える親はいないと思う。
女子の大学進学。東京と鹿児島で格差2倍超。全国の進学率は女子51・3%、男子57・4%。ともに上昇傾向。

大学以外の選択肢が充実してきていることも影響していると思います。現状半数が大学進学していないんですね。
男尊女卑、
なんて言わないでくれよな。

一番の原因は、
所得格差だと確信する!

親心としたら、
娘も大学に行かせたい、でもカネが...
といったところだと思う。
女子の大学進学率が男子を上回った件で沖縄が入るのはわかるが、徳島も女子の進学率が高いのか。
女子は大人から「4年制大学へ行かなくていい」「わざわざ県外に行かなくても」と聞かされる。
ささいなことが一つ一つ積み重なり、将来を狭め、大学進学にも影響を及ぼしているのではないか
※特に地方

毎日新聞
ぼくが授業でこの話を取り上げるときには、大学進学の地域間格差という文脈で話をするけれども、この記事のように男女間の格差という文脈でみることもできる。どちらか一方でしか見てはいけないというわけではない。ネットだとだいたい二者択一みたいになるんだけど。
関西圏の女子進学率が高いの、意外。関東圏はわりと東京一強だし、東京は突出して男女とも進学率が高くて、やっぱり日本の中でもかなり異質な場所だな:やはり東京は
声をつないで:2021年春の女子の大学進学率(4年制)は、都道府県別で東京が最高の74・1%、最も低い鹿児島の34・6%と2・14倍の開きがあることが分かった。10県は30%台どまり。男子の都道府県間格差は最大1・92倍。 |
:そもそも大学進学率そのものに大きな地域格差があり、それにさらに男女格差が加わる。これらの格差は
単に地域だけ、女性だけの問題ではなく国全体の問題。
これと一票の格差の問題をどう捉える?
差が生じる要因として、有識者からは、地域ごとの所得格差や大学の都市部偏在、地域や性別によって進学への価値観が異なることが指摘されています。
-  有料部分読んでないけど男子も進学率低いのでは
2021年春の女性の大学進学率は東京が最高の74・1%、最も低い鹿児島が34・6%、女子の進学率が男子を上回ったのは徳島と沖縄の2県だけ。寺町准教授「女子は大人から『4年制大学へ行かなくていい』『わざわざ県外に行かなくても』と聞かされる。→
しょうがないよ。
農業やってる親に「勉強する暇あったら畑仕事を手伝え!」って怒鳴られて育ってるもん( ˘ω˘)
大学も勉強も贅沢、みたいな環境やったで〜〜。
共同. 2022-02-14.  10県は30%台どまり. 『毎日新聞』

>  地方在住や親族に大卒者がいない女性にとって大学進学の壁は高い。

この辺を分かってくれない人たちが多い。
宮崎公立大の寺町晋哉准教授(教育社会学)
「女子は大人から『4年制大学へ行かなくていい』『わざわざ県外に行かなくても』と聞かされる。ささいなことが一つ一つ積み重なり、将来を狭め、大学進学にも影響を及ぼしているのではないか」
男子が100m走を走っている横で、女子は110mハードルを走らされている
微妙。
多様性といいつつ、一律を強要。
家の中のことまで口出すなという人、多そうだよね(苦笑)。地域性あると思いますよ、こういう話。
男子も約2倍の「格差」があるから性別差より地域差が大きい。地方の方が大学が少ないからか?下宿させるには親の経済力が必要だし。
声をつないで: 10県は30%台どまり...
以上
 
PR
PR