名護市長選、渡具知武豊氏が再選 移設進める政府・与党が支援 | 毎日新聞

17コメント 2022-01-23 22:30 毎日新聞

ツイッターのコメント(17)

立憲主導の選挙は今後も惨敗の恐れ。


岸本氏は98~06年に市長を務めた建男氏(06年死去)の長男。建男氏は移設受け入れを表明したが、使用期限などの条件が果たされなければ撤回すると明言していた。岸本氏は「その遺志を継ぐ」と移設反対を主張。
当日有権者数は4万9959人、投票率は68・32%(前回76・92%)で過去最低だった。

諦めが逸失するもの。
向こう半世紀かそれ以上は取り戻せないもの。
中国支持のオール沖縄、左翼漬けの沖縄マスコミの嘘に沖縄県民が気づき始めてる。沖縄県民頑張れ!
>
沖縄ですらこうかぁ。 #
勢いに乗って違法な反対活動を続ける輩を取り締まって欲しいもんだ。/
名護市長選挙で自民党推薦の渡具氏の勝利は、これからの沖縄の選挙に連動するものになる。沖縄の有権者は反米基地闘争や反日運動にうんざりで、それより、身近な市政の問題を語る現職を支持したのだ。
国の米軍再編交付金を財源に実現した保育料、学校給食費、子供医療費の無償化などの実績をアピール。<基地移転の争点隠しと、政権側なら再編交付金約14億が入る。若い子育て世代が現実的選択をした。野党は基地反対以外の策も無いと参院選も知事選も負ける
これは何の意味もない重箱の隅つつきですが、万歳してる人喜んでなくないですか…?
つまり名護の過半数は、日米による植民地支配を是認したということです。反日米派は武装蜂起しましょう。そして、日米派は有事があったらまっさきに特攻隊・人間魚雷等でお国のために戦場に出向いてもらいたい。
結局沖縄県民にとり米軍コロナばらまかれたりは大したことではなかったのか。米軍基地弊害より利権組織票強固であった。利権組織票勝つには若者無党派が投票せねばならない。沖縄に冬が訪れた
おっと、広島のアンリさんみたいなことになるのかな

「 移設進める政府・与党が支援」
辺野古移設を認める自民市長が再選。オール沖縄の岸本候補との票差知りたい。基地移設に賛否はあるけど、軟弱地盤に基地作って大丈夫?民間人だと建設不可が、国はOKは変。沖縄は選挙の年、自民が1勝目。
渡具知氏の勝利で、政府・与党は米軍普天間飛行場の県内移設を更に推進する構えで、秋の知事選での県政奪還に向けても弾みがつきました。
渡具知氏の勝利で、政府・与党は移設を更に推進する構えで、秋の知事選での県政奪還に向けても弾みがついた。➡️
移設進める政府・与党が支援...
以上
 
PR
PR