与党、税制改正大綱を決定 賃上げ税制の大幅な拡充打ち出す | 毎日新聞

6コメント 2021-12-10 17:01 毎日新聞

ツイッターのコメント(6)

賃金の引上げ額よりも法人税控除額が低ければ、その分は企業の負担となる。しかも、控除は一時的で廃止後は永遠に企業の負担増となる。安易な政策など迷惑なだけ。
このコロナ禍+様々な資材や原料や燃料の価格が高騰している状態で、零細企業は従前の賃金をキープする事すら危ういのが現状です。更に「賃上げに消極的な大企業は研究開発などに関する優遇措置を使えなくする」など「成長と分配」の順番すら辿れない措置には疑問しか無い。
歴年贈与に対する課税強化、とりあえず今年は入らなかったようで安心、安心。
賃上げされても社会保険料の負担は増えるし、結局、手取りは横這いか右肩下がり…(;´Д`)
税制改正大綱が決定されたようです。自民党のHPにはまだアップされてませんが。
賃上げ税制の大幅な拡充打ち出す...
以上
 
PR
PR