「日本国紀」の悲しみ 単行本で修正繰り返したが…文庫版も誤り続々 | 毎日新聞

354コメント 2021-12-06 10:06 毎日新聞

ツイッターのコメント(354)

昨日リアルに今の首相じゃ頼りない、かつての首相に再登板してほしいという人に会って、毎日朝日は信じられないと言ってた。普通に、どころか普通以上に良い人で勉強熱心なのだけど、毎日の記事では届かないかな。国会をそのまま見ようと自民党憲法改正案を読もうだけは伝えた
のタグが無くても、ポプラ社は歴史修正主義には負けないと思う。(勿論、応援は継続。)
むしろ必要なのは現状、歴史修正主義者に負けていると言わざるを得ない のでは?
※誤字のため打ち直しました。
呆れ返った。
「日本国紀」文庫版も誤り続々 単行本で修正繰り返したが…


百田尚樹さんの文庫版「日本国紀」。単行本で多くの誤りが指摘されましたが、単行本でも基本的かつ重大な誤りがそのままに…。
作者そのものよりも、こんな本を出している出版社の方がどうかしているのではないか、って思うよ。歴史を炎上ビジネス的に利用する作者もどうかしてるけどさ。
幻冬社は、出版社としての責任はどう思っているのか。
事実と異なるとわかっていて修正せず出版するって…不信しかない
何でこんな本が絶版にならないのか謎でしかない。
毎日新聞、20日夕刊のこの記事だけでも買って読む価値あり。揚げ足取りではなく真摯な書き方。俺はこういう記事を読みたいと思う。
日本国紀って、Dappiの書籍化みたいなものなんでしょ。
⇒誰にとっても、特に受験生にとっては(読むなとは言わないが)絶対に記憶に残してはいけない悪書である。
内容が決して定まらない版? 「「日本通史の決定版!」(単行本帯書き)どころか、初版から第9刷にかけて少なくとも50カ所以上の修正」 ( | 毎日新聞)
有料会員ではないので、全文読めてないです。
 
PR
PR