南アフリカで新たな変異株確認 既存ワクチン効きにくい恐れ | 毎日新聞

19コメント 2021-11-26 19:56 毎日新聞

 南アフリカの国立伝染病研究所は25日、南アで新型コロナウイルスの新たな変異株を確認したと発表した。隣国ボツワナで4例、香港とイスラエルで各1例が見つかった。既存のワクチンが効きにくい恐れがあり、世界...

ツイッターのコメント(19)

そうか。また新しいのがきたか。
「WHOの調査報告だと中国発祥じゃない」→「他の調査の結果中国発祥濃厚」

夢から覚めた方が良い。WHOは金の亡者でクソ。そしてWHOの腐敗にしてもコロナにしても元凶は中国。世界の敵
ワクチン効果低下どころか、下手したら抗原原罪が起きる。あと1か月もすればある程度の死亡率が出るだろう。最悪、日本でも感染が出て色んな詳細が判明するだろう。注視しよう
頼むから、水際対策今度はちゃんとしてほしい!!
次のシナリオは2パターン

①南アフリカ型にも有効と発表されたワクチンを3回目のブースター接種
②新興国への有効ワクチンの拡大と新興国への非接触ビジネスの拡大

いずれにしろ、中国経済が弱まってるんだからアメリカ一強
この時期に騒ぐのは北京五輪への嫌がらせもある
今朝のニュースで日本は十日間の隔離対応とやってた。
入国制限じゃない?
水際対策失敗して去年の冬、病院に入院できない事例があった
もう、あんな事態ゴメンだし、やっと面会が緩和されようとしてるのにしっかりして欲しい
「香港の感染者は南アから、イスラエルの感染者はアフリカ南東部マラウイからの渡航者で、いずれもワクチン接種済みだった。」
ワクチン効きにくいって、、
また自粛生活に戻るつもり?
ワクチンが効きにくく感染がとにかく早いオミクロン株

隔離施設の向かい部屋どうしでの空気感染とかシャレにならない
どうやって防げば…😰

せめて重症化率が低いと良いけれど
■南アフリカコロナ変異ウィルス

香港、イスラエル、ボツワナに変異ウィルス拡大

イスラエル、イタリアなどもイギリスと同様に入国制限処置を実施と対応は早いが拡大が続いていますね。
海外は深刻な状況地域が多数。しかし、幸い日本は収束の兆し。活動再開。が、政府入国基準のゆるゆるの学習の無さはアホかと。第6波到来。個人個人が外出を控え対人距離を取り続け備えた感染対策を‼️
🌸おはよう🧚‍♀️土曜日✨☕🌹

ダウが南アフリカ変異株のせいで今年最大の下げ‼️
ワクチンが行き渡らないことを懸念されていた事が現実になって来ました‼️
今日も素敵な一日を笑顔で過ごせます様に🙇‍♀️💕
また変異株、しかも既存のワクチンが効きにくい面倒なタイプ、が確認されたという事は、国内での第6波到来は残念ながら可能性かなり高そうですね…。
まあまたザル空港検疫で入国許すんだろうけれど、今までμとかτとか変異株の名前つけてたのに諦めたの?普通に南アフリカ株とか言っているんだけれど?
英政府は南アと周辺5カ国からの入国を26日から禁止すると発表。イスラエルやイタリアも同様の入国禁止措置をとる。またWHOは26日、今回の変異株について専門家による会議を開いた
2021/11/26 19:50
(最終更新 11/26 20:19)

ここにもイギリスのアフリカ諸国(感染国)からの入国禁止が書いてある。



こっちのは意味があるかな。同じ会社だけど。
最初のは官房長官発言の証拠としての意味だけ
>英政府の発表によると、新たな変異株は従来株に比べ、ウイルス表面にあるトゲ状の「スパイクたんぱく質」などに数多くの変異がみられる。このため既存のワクチンが効きにくく感染が急拡大する恐れがあるという。
既存ワクチン効きにくい恐れ...
以上
 
PR
PR