甲子園に2度目の別れ 「延長十八回」元星稜エースの記憶と信念 | 毎日新聞

7コメント 2021-10-30 09:01 毎日新聞

 今夏の第103回全国高校野球選手権大会を最後に、一人の審判が甲子園に2度目の別れを告げた。かつては聖地のマウンドに上がり、伝説の一戦を投げ抜いた高校球児。今なお語り継がれる激戦の記憶と審判生活で貫い...

ツイッターのコメント(7)

堅田さん、今年の甲子園決勝が最後の試合だったのか。本当にお疲れ様でした。
あの日、父を激怒させた9歳の僕。ベランダに出されて鍵をかけられた。解錠されて、部屋に入れられたとき、延長十八回の試合は終わっていたなあ。

 「延長十八回」元星稜エースの記憶と信念 | 毎日新聞
今夏の第103回全国高校野球選手権大会を最後に、一人の審判が甲子園に2度目の別れを告げた。かつては聖地のマウンドに上がり、「延長十八回」の伝説の一戦を投げ抜いた高校球児。今なお語り継がれる激戦の記憶と審判生活で貫いた信念、そして後輩球児たちに伝えたいものとは。
今夏の第103回全国高校野球選手権大会を最後に、一人の審判が甲子園に2度目の別れを告げた。かつては聖地のマウンドに上がり、伝説の一戦を投げ抜いた高校球児。今なお語り継がれる激戦の記憶と審判生活で貫いた信念、そして後輩球児たちに伝えたいものとは。
今夏の甲子園を最後に、甲子園に2度目の別れを告げた #堅田外司昭 さん。「延長十八回」元 #星稜 エースの記憶と信念とは
#高校野球 #箕島
「延長十八回」元星稜エースの記憶と信念...
以上
 
PR
PR