北穂高岳で発見の遺体 内閣府の酒田元洋審議官と判明 | 毎日新聞

87コメント 2021-10-24 16:06 毎日新聞

 岐阜県警高山署は24日、高山市の北穂高岳(3106メートル)で11日に石の下敷きとなり見つかった男性遺体の身元が、東京都北区の内閣府大臣官房審議官酒田元洋さん(53)と判明したと発表した。9月20日...

ツイッターのコメント(87)

いや〜、邪推せずにはいられないって…
元々登山が趣味だったの?
ま、故人プロフィールなんて後からいくらでも捏造できるけどな。
去年の10月にご遺体が発見されていたのこと。
心よりお悔やみ申し上げます。
桜を見る会の招待者や参加者数などの資料要求について説明をした方。
まさかお亡くなりになっていたとは。
複雑な気持ちです。
うそ、こんなニュースあったの。総選挙直前だったからか全然気付かなかった。
政府関係者なので忙殺を疑う人もいるけど、普通に北ア主稜線から滑落したのかと。滝谷では助からん。
北アルプスで起きた地震との関連は不明とされるが、直接、間接(浮石ができる)に影響はありそう。

※火曜サスペンス劇場
> 酒田さんは内閣府の総務課長を務めていた2019年11月、安倍晋三元首相の「桜を見る会」に関する野党追及本部会合で、招待者名簿を職員が大型シュレッダーで廃棄した経緯などを説明した。
桜を見る会の証拠隠滅を証言した人が謎の不審死。
怖すぎる……。
小説や映画の様な展開ですが…
😩いま知りました
 
PR
PR