中国経済、大減速 習氏の肝いり政策が裏目、三つのリスク顕在化 | 毎日新聞

9コメント 2021-10-18 11:33 毎日新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込み、いち早く景気を回復軌道に乗せた中国に異変が起きている。18日に発表された2021年7~9月期の成長率は、4~6月期から大きく減速した。背景には、習近平指導部肝...

ツイッターのコメント(9)

中国は日本やアメリカの経験を10倍近い速さで消化してる。歪も同じ速度で出てると思う。現在の不都合など大した問題じゃない。
問題はこの先だ。誰も経験してないからな。
習氏の続投を確実にするための施策が問題化している。これが中国の屋台骨を揺るがす事態へ進むのか注目される。海外の企業の逃亡が徐々に進み、一度覚えた経済的自由を国民が忘れるかどうかも含めて、今はやりの言葉で言えば「権威主義的国家」の行く末が気になる。
中国は広い、矛盾を吸収してしまう
資本主義経済では理解不能の底力が有る
「地方政府は土地の売却益が収入源で、財政状況の悪化にもつながりかねない」というのはなかなかすごいな。広いもんなあ中国…。:
新型コロナの感染拡大を抑え込み、いち早く景気を回復軌道に乗せた中国に異変が起きています。背景には、習近平指導部肝いりの中長期政策が足元で裏目に出て、「三つのリスク」が顕在化した実態があるそう。三つのリスクとは。小倉特派員から。
毛沢東主席時代に推計1500万人以上が死亡したと言われる大躍進政策を思い出しました。この21世紀にまさか、とは思いますが、中国は政治の季節になるとなにが起こるか分かりません。
習近平氏の肝いり政策が裏目


新型コロナ拡大を抑え込み、いち早く景気を回復軌道に乗せた中国に、異変が起きています。21年7~9月期の成長率は、4~6月期から大きく減速。背景には、習指導部肝いりの中長期政策が足元で裏目に出て3つのリスクが顕在化した実態があります。
7~9月期の成長率は4・9%と中国経済は大減速。原因となった三つのリスクについて分析しました。
以上
 
PR
PR