米国とイラン対立の最前線のイラク 軍事・政治面で変化の兆し | 毎日新聞

4コメント 2021-10-13 16:50 毎日新聞

 2001年9月の米同時多発テロをきっかけに、アフガニスタンと並んで米国が「テロとの戦い」を展開したもう一つの国がイラクだ。米軍主導の有志連合は03年に当時のフセイン独裁政権を打倒。その後、イラクでは...

ツイッターのコメント(4)

「9・11後の20年」 あの日から:米国とイラン対立の最前線のイラク  | 毎日新聞
「9・11後の20年」 あの日から:米国とイラン対立の最前線のイラク  | 毎日新聞

米国にとってイラクはIS対策の本丸であり、バイデン氏が『国益はない』と言い切ったアフガンと違って戦略的な価値を見いだしている

米国に好き勝手にされる中東
アフガンから撤収した米軍だが、イラク駐留は続けている。イランとの対立の最前線となるイラクの現状はどうなのか。 真野記者
◆米国とイラン対立の最前線のイラク 

〈…米同時多発テロをきっかけに、アフガニスタンと並んで米国が「テロとの戦い」を展開したもう一つの国がイラクだ。…米イラン対立の最前線・イラクで今、何が起きているのか〉

現地からの報告です。
以上
 
PR
PR