ノーベル賞真鍋淑郎さん 出身地の愛媛「大きな喜びであり名誉」 | 毎日新聞

13コメント 2021-10-05 20:49 毎日新聞

 ノーベル物理学賞の受賞が決まった米プリンストン大上席気象研究員の真鍋淑郎(しゅくろう)さん(90)の出身地・愛媛県では、歓喜の声が上がった。  真鍋さんは1931年、現在の四国中央市新宮町で生まれた...

ツイッターのコメント(13)

アメリカ人なんですね。できる人は日本なんかにいないという現実がこれから広がるでしょうね。高校から、アメリカの大学に進学する人も増えてきました。国敗れて山河ありの日本になってしまいます。→真鍋淑郎さん
>篠原実市長
「二酸化炭素濃度の上昇が大気や海洋に及ぼす影響を世界に先駆けて研究され地球温暖化や気候研究の根幹をなす成果を数多く挙げてこられた。受賞は四国中央市にとっても大きな喜びであり名誉」👍
愛媛県四国中央市が話題になるのは、市の公式マスコットキャラクター、しこちゅ~以来かな?
すごいな。マスコミが揃って真鍋氏がアメリカ人だってことを隠して報じている。日本出身だってことで「日本スゴイ!!」したいだけなんだろうな。本当に恥ずかしい。
ほとんどアメリカで研究しているのだから、アメリカが育てたのでは
真鍋淑郎さんノーベル物理学賞おめでとうございます!四国中央市出身、三島高校卒業生!めっちゃ同郷、母校同じくで寝耳に水感満載なり。四国中央市の秘境新宮ご出身。美しく懐かしい山里です✨
モデルを作る事が重要なのではなく、科学的事実によって何が明らかになったかが重要。それが無ければただの政治ショー。
>>
ご本人も仰っていたけど、気候変動の研究で物理学賞というのは、珍しい。
受賞、おめでとうございます。
今のノーベル物理学賞や化学賞ははるか昔の研究が授賞理由になったりします。

そう考えるとノーベル賞を受賞するには長生きすることも必要だと考えます。
90歳!!!
おめでとうございます!!!
新宮村からノーベル賞なんて凄いな
出身地の愛媛「大きな喜びであり名誉」...
ノーベル賞真鍋さん 

真鍋さんは1931年、現在の四国中央市で生まれました。篠原実市長は「快挙を市民の皆様と分かち合うとともに、博士のますますのご健勝と更なるご活躍をお祈り申し上げます」と祝福しました。
以上
 
PR
PR