福島第1、地下水の放射性物質の濃度を下げる装置が停止 警報ならず | 毎日新聞

23コメント 2021-09-16 17:59 毎日新聞

 東京電力は16日、福島第1原発の建屋周辺でくみ上げた地下水の放射性物質の濃度を下げる装置が停止したと発表した。近く復旧する見通し。地下水の流出はなく、周辺の放射線量に異常はなかった。東電は停止の原因...

ツイッターのコメント(23)

もう東京電力に任せられないから、解体して国が責任もって対応してくれないか。
これでアンダーコントロールか…
またかよ
東電
危機管理なさすぎじゃない

他にも表立ってないだけで隠蔽して兼ねないな東電なら

これで薄めて海にて言ってるんだから信用ならないなこの会社は
暴走したら、人類の手には負えない。分かってる事でしょう!もんじゅだって廃炉決定しても、液体ナトリウムで、手が付かないでしょう。
原発は、廃炉あるのみ。
大丈夫なのか
原発やめろって!!!
東電の管理能力に大いに疑問。どんなことが裏でおこなれているか判ったもんでない⁉️
ダメじゃん…
「社員が16日午前5時40分ごろ、装置が停止しているのに気づいた。同18分に自動停止していたが、作動するはずの警報が鳴らなかったという。午後8時56分に復旧した。装置が停止している間、くみ上げた地下水はタンクで保管する措置を取った」
最終更新 9/16 22:14
アプリ共有テスト
 
PR
PR