給食の牛乳に金属部品混入 紙製容器の中でカタカタと音 富山 | 毎日新聞

13コメント 2021-09-15 21:21 毎日新聞

 富山県射水市教委は15日、市立小杉小学校(同市戸破)で同日提供された給食の牛乳1個に直径3センチのステンレス製ワッシャー(座金)2個が混入したと発表した。健康被害は確認されていない。牛乳を納入した「...

ツイッターのコメント(13)

富山市の牛乳って大丈夫なの?今一度、製造業の基本に戻りましょう。🥸🥸🥸
別社で中毒起きてから、保育園でここの牛乳提供されてるんやが…?
<給食の牛乳1個に直径3センチのステンレス製ワッシャー(座金)2個が混入>

日本製品に、とんでもないデカさの異物混入!
これじゃファイザーワクチンの<白い浮遊物>程度じゃ無問題になるよな

今度はアルペン乳業❗️
勿論不注意は問題だけど。でも、モーモーちゃんの牛乳を買うよ!
体に打ち込むワクチンと違って、こういうのは厳しい。

“ | 毎日新聞:市教委は再発防止策を確認するまで、同社が市内の小中学校7校に納入する牛乳の提供を見合わせる”
金属探知機を導入してないこともそうだけど、「機械の上にワッシャーを置いたまま」作業って……えぇ…
ワクチンでなくてよかった。
カルシウムと鉄分。ねる。
直径3センチのステンレス製ワッシャー(座金)2個が混入しており、給食で牛乳を飲み終えた児童が、紙製容器の中でカタカタと音がするのに気付いて混入が判明しました。
余りにお粗末。
《機械点検の際に外したままだったという。機械の上にワッシャーを置いたまま牛乳を製造し、容器内に落ちたとみられる》
外したままだったって。
以上
 
PR
PR