大阪入管の監視カメラ映像開示 ペルー人男性が手錠され囲まれる様子 | 毎日新聞

21コメント 2021-09-15 17:09 毎日新聞

 大阪出入国在留管理局(大阪市住之江区)で収容中の日系ペルー人の40代男性が、職員に体を押さえつけられた際に腕の骨にひびが入るけがをしたり、後ろ手に手錠をかけられたまま長時間放置されたりしたとして、国...

ツイッターのコメント(21)

食事内容について文句を言っただけの収容者の身体を拘束し、狭い部屋に手錠をかけてぶちこんでいいとする法律は何か。この男性がなぜ拘束するのか、そんな法律はあるのかと聞いても「仕事だ」としか答えられない入管職員。~
毎日新聞からも報道が。ありがとうございます!
日本の入管で拷問が横行している。入館職員の行為は犯罪に値する。
「職員の行為は明らかに懲罰や拷問で、重大な人権侵害だ」!!

 ペルー人男性が手錠され囲まれる様子|毎日新聞
これは酷い。こんなことがいつまで繰り返されるのか。
なにゆえ、そんなことをするのか。
意味わからん。
弁護士が公開したのはブルゴスに都合がいい部分だけでしょう。
裁判所にはブルゴスが抵抗した場面も提出されていると思いますので正当に判断されるでしょう。
↓↓↓
退院したら帰れよ。
こんな部屋では精神きついと思います。
「必要最小限」なら、なぜ骨折するのか?!
---
 
PR
PR