立花隆さんの「平和への思い伝わる一冊」 出身地・長崎で追悼本出版 | 毎日新聞

4コメント 2021-09-08 19:46 毎日新聞

 今年4月に80歳で亡くなったジャーナリストで評論家の立花隆さんを追悼する「立花隆 長崎を語る」が長崎文献社から出版された。10日から長崎市内の書店などで販売する。

ツイッターのコメント(4)

知の巨人・立花隆さんの追悼本が出版されました。充実した内容です。
立花隆さんの「平和への思い伝わる一冊」長崎で追悼本

出版した長崎文献社の堀憲昭編集長は「立花さんは70歳を過ぎて長崎への思い入れが強くなった。長崎への愛着や戦争と平和への思いが伝わる一冊なので、若い人にもぜひ読んでもらいたい」と話しています。
「立花さんは70歳を過ぎて長崎への思い入れが強くなった」…そうなのか。ちょっとわかる。→立花隆さんの「平和への思い伝わる一冊」 出身地・長崎で追悼本出版 | 毎日新聞
立花隆さんの「平和への思い伝わる一冊」 出身地・長崎で追悼本出版...
以上
 
PR
PR