外国人労働者問題に取り組む指宿弁護士 「ヒーロー」に選出 | 毎日新聞

11コメント 2021-08-24 16:01 毎日新聞

 外国人労働者や難民問題に取り組む指宿(いぶすき)昭一弁護士(60)が米国務省から「人身取引と闘うヒーロー」に選ばれたことを記念した集会が、東京都千代田区内で開かれた。最近は名古屋出入国在留管理局の施...

ツイッターのコメント(11)

>指宿氏は「実習制度も入管制度、移民制度も根は一つの問題だと確信している。人を人として見ず、(外国人を)敵のように見ており根本的に間違っている。誤りをただし、誰しもが人権を守られ、共生する社会を作り出すために奮闘する」と抱負を語った。
>誤りをただし、誰しもが人権を守られ、共生する社会を作り出すために奮闘する。

不法滞在は誤りだから、まずはそこをただしてね。不法滞在者と共生する社会なんてごめんです。
外国人労働者や難民問題に取り組む指宿(いぶすき)昭一弁護士(60)が米国務省から「人身取引と闘うヒーロー」に選ばれたことを記念した集会が、東京都千代田区内で開かれた。
日本人からの依頼が無いんでしょうね。
日本人から見れば、不法滞在者を擁護する悪徳弁護士という事でしょうか?
不法滞在や偽造在留カードを持って違法就労や犯罪をしている人達からはヒーローなんでしょう。

しかし、日本人から見ると治安を脅かす違法行為を応援する悪徳弁護士。

結局、ウシュマさんも本人の希望通りに初期に帰国させてあげていれば助かった命のはず。
是非そちらの国で頑張って
いただきたい。
不法滞在者を擁護する弁護士は日本人から見ればヒーローではなく日本の治安に害を及ぼす悪者だと思います。
指宿弁護士「実習制度も入管制度、移民制度も根は一つの問題だと確信している。人を人として見ず、(外国人を)敵のように見ており根本的に間違っている」
外国人にはゼニの臭いがするらしい!弁護士が正義の味方などと思っていては駄目だ!弁護士こそゼニの味方なのだ!
名古屋出入国在留管理局の施設で収容中に亡くなったスリランカ人の遺族代理人も務めている弁護士が「人身取引と闘うヒーロー」に選ばれました。
「ヒーロー」に選出...
以上
 
PR
PR