立憲、消費税減税で迷走 「公約ではなく…」代表発言に党内反発 | 毎日新聞

62コメント 2021-06-21 19:56 毎日新聞

 次期衆院選に向け、立憲民主党が消費税の扱いを巡って揺れている。枝野幸男代表は15日の衆院本会議で、新型コロナウイルス対策として、消費税率5%への時限的な引き下げに言及した。だが、一方で選挙公約に掲げ...

ツイッターのコメント(62)

枝野氏『もし政権を預からせてもらったら、直ちに野党の自民、公明、維新などに協力を求める。協力が得られれば、来年の通常国会で税制改正をやらないといけない』

自公が反対と言ったら、じゃあ実現しないんだなと国民は早々にそっぽを向く。そこんとこ分かって言ってる?
枝野幸男は「曖昧戦略」で常に一貫している。
野党共闘を、、こんな人に任さられない。
そりゃ、気持ち的には税金は低い方が嬉しい

でも消費税等の間接税は他国依存度の高い日本にとっては、不足事態対処のバッファの意味合いを持つわけで
・・・

明確な根拠ではなく、有権者の顔色を見て軽々に数値を変えてくる 等野党の方々の言葉は正直不愉快💢
消費税減税を党代表が言及してるにも関わらず選挙公約ではないとする立憲民主党。元から期待はしてないが、余りにもお粗末。
毎日新聞に言われてら
エダノも売国奴のパシリやんけ💢

| 毎日新聞
支持団体に官公労がいる立憲では減税を打ち出せません
須藤議員が減税言うなと怒られて離党したんだから
端からやる気なんか無いだろ
そもそも誰が消費税率をあげたんだ?
 

 
PR