TOP > 社会 > 医療従事者「仕事辞めたい」6割強 現場のひっ迫浮き彫り 石川 | 毎日新聞

医療従事者「仕事辞めたい」6割強 現場のひっ迫浮き彫り 石川 | 毎日新聞

32コメント 2021-05-16 10:16  毎日新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大による医療現場への負担を探ろうと石川県医療労働組合連合会は、県内の看護師らに実施した緊急アンケート結果を公表した。結果からは、医療従事者たちが直面している現場の厳しい状況...

ツイッターのコメント(32)

辞めたくもなるよね。飲食やらなんやらに金配りまくるなら、医療従事者に手厚く配ってやればいいのに。少しでも働いていい面を作ってやらないと居なくなるよ。
事務職員だって辞めたいっす🥺
看護や介護は、元々キツイ職場として知られています。そこに新型コロナ騒動が加わる。これでは辞めたいと思うのも仕方ない

医療従事者も、人間ですしね。「使命感でやれ」という精神論はNG
医療従事者にも当然職業選択の自由がある。気にせず辞めたらいいと思う。ただ、「医療現場」以外でまともに通用する医療従事者がどれほどいるか?という点では、転職活動は大変だと思うけどね(笑)

【 現場のひっ迫浮き彫り】
ただでも誹謗中傷に悩んでいるのよ。慰労金名目で不満は口止めされている感覚を覚える。そりゃぁ、辞めたくなるさ。医療従事者だけじゃないく、介護もだぜ。
報酬が近い他の業界なり労働者全体平均とかのデータもないとなんとも言えんなぁ。辞められるなら辞めたい労働者なんて6割くらい余裕で居そうだし、少ないくらいの話な気もするが。
強制的に人間やめさせられる前にさっさと医者やめてくださーい🤣
医療崩壊の次の段階に至って来たように思った。
看護師も足りない、医師も足りない、挙げ句の果ては、現職の医療従事者が辞めていくことになれば、慢性的な医療崩壊態勢が定着することを意味する。
―「もともと医師も看護師も足りない状況だったが、コロナ禍で現場はさらにひっ迫」
正しいと思うなあ、、
本音いえば、相当数いると思う

インフルとは違って検体採取も病院看護師はしてくれないし、ワクチン接種ももちろんダメ
つまり辞める手前でしょ
辞めていいと思う
アクティブ馬鹿の感染者まで面倒まで見てられないでしょ
現場がひっ迫してるのはPCR検査を間違った使い方をしてるせいなのに。
日々、患者さんの為に一生懸命働いている医療従事者の方々は犠牲者でもある。
なんで、石川県やねん?
普通に会社員だけどやめたいっていつも思っている。このアンケートの意味は「医者というのは普段は辞めたいと絶対思わない職業」って事だろう?
無理しないでほしいです。
生活のためもあるでしょうが
辞めたいときに辞めて良いと思います。
精神を病んでからでは遅いのです。
いや、どんな業種もそんなもんだろ

>「仕事を辞めたいと思うことがあるか」という質問では、「いつも思う」が17・8%で、「ときどき思う」を合わせると6割強に達した。
全国どこでも何でしょうね
これ,コロナ初期から予測されて医療従事者のケアの必要性語られていた筈なのに無視続けて来て,逼迫してからという全体に通じる悪循環…😰
割りに合わないのかな? -
この上オリンピックいや、国民がコロリと亡くなってしまう可能性があるコロリンピックに取られたら、更に上がってしまう。国は至急、医療従事者に慰労金を!
行政検査が「必要な人だけ検査」と称して検査対象を絞るせいで、マスクなど感染対策をした人は濃厚接触にならず、医療従事者や保健所が相手させられるのは、対策しなかった横着者ばかりになる。検査抑制主義は反社会思想に認定すべき。
>
「自分や家族が感染することへの恐怖」を常に感じながら、
他人の為に尽力して下さってる中...
呑気にヒコーキとか撮りに出掛けてる場合じゃないんだって!

それが、石川県の現状・現実。
【武漢の感染爆発で当局を批判する声がネットに溢れた時でも、中国でこんな現象は起こらんかったで-極悪欺瞞-反中反露:毎日新聞】
★なんぼ政治体制が違ても中国に学ぶことは沢山あるんとちゃうんかい。
医師が足りない日本。
医療体制強化のためにも、まずは医師の養成数を増やそう!
#医学部増設
【2021/5/16】


”「コロナ禍で働いていて最もつらいことは」(複数回答可)では、「精神的負担」が56・7%、「人員体制不足」が47・8%だった”
医療状況に関する報道になっているが、メディアは治療薬の解禁を求める報道は行わない。治療薬が解禁されれば感染者が重篤化する前に陰性化できるし、医療従者への負担も軽減される。数字上では危険性は低いのに大騒ぎして国民を苦しめている。政府とメディアは犯罪者。
政府は精神論に明け暮れ、情報は曖昧で、地方(現場)に丸投げの状況であり、感染者と感染防止対策とワクチン接種とコロナ以外の疾病対応と・・・素人が考えても無理だろうなと想像できる事態にあって、医者だって人間なのだから、極限状態が続けば「折れる」だろう
心配です
国の無策と、悪意善意を問わず何らかの欲を満たすための外出がなければ防げる問題です。国にも社会にも思いやりが足りない。⇒
「どのようなことに精神的負担を感じるか」については、「いつまでこの状況が続くのかという不安」や「自分や家族が感染することへの恐怖」という回答が多かった。
コロナ禍で働いていて最もつらいこと:
 精神的負担=56・7%
 人員体制不足=47・8%

松本よし子さん「もともと医師も看護師も足りない状況だったが、コロナ禍で現場はさらにひっ迫しており、行政にはこの現実を見てもらいたい」

医療従事者
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR