TOP > 社会 > 英国がG7で石炭火力全廃提案 気候変動「日米でリード」に黄信号 | 毎日新聞

英国がG7で石炭火力全廃提案 気候変動「日米でリード」に黄信号 | 毎日新聞

22コメント 2021-05-16 20:55  毎日新聞

 20、21日に開かれる主要7カ国(G7)の気候・環境相会合に向け、議長国・英国が「2030年までに石炭火力発電所全廃」など化石燃料の利用規制を合意文書に盛り込むことを各国に提案した。政府関係者への取...

ツイッターのコメント(22)

厄介ですな
欧州主義の強要とも思えますな
日本のスタンスとして「CO2カットなどの新技術石炭火力で対応」という姿勢は示していいのでは無いですかね
毎日:   ドイツも38年までの廃止を決めている…ドイツは3割弱が石炭火力&原発ゼロ方針なので英仏のように30年とは言えないんだね
必要な変化へのひと推しに確実になるが、日本どうする
あと9年で全廃提案。日本は赤信号?
日米でリードすると菅首相は言うが、そもそも日米は欧州に比べてずいぶん後ろからのスタートになるので、決意表明としてリードするという気持ちを示すのは良いが、それを現実的な政策目標と捉えるのは無理があるだろう。
そもそもあのNDCではアメリカもリードできるほどのものじゃない。

アメリカのNDCが上がってこないと日本もこれ以上上がらないだろうし、イギリスがリードしてG7でお互いに競い合うのはよき。
「日本の政府関係者は「世界をリードするどころか、日米が世界全体での対策強化の足を引っ張っている印象を残す恐れもある」と懸念」:
日本の石炭火力は高効率、外国と違う。石炭=悪人には不同意。CO2温暖化の理屈が不明。石炭=悪者も?原発推進が狙いと邪推する。地震国日本では反対。
#医療が崩壊オリンピックやめて
#原発やめて明るい未来を
#再エネは明るい未来のエネルギー
石炭火力を全廃するには、日本は原発を再稼働するしかない。
菅義偉首相は4月の日米首脳会談後の記者会見で「日米で世界の脱炭素をリードしていく」

何で日米なのか、さっぱり分からん。
何も考えないでひたすらアメリカについていくだけ。
国ではない。
> 「日米で世界の脱炭素をリードしていく」

笑止千万
国内向けのイキリ発言
世界では誰も本気にしてないやろ
「45年実質ゼロ」を掲げたドイツも、38年石炭火力全廃のラインは動かさない。よって「30年までに石炭火力全廃案」はG7の焦点ではない。重要なのは海外の石炭事業の公的支援停止の合意だろう。対中政策としても重みを増している。日本としても「差し出せる」時期にある。
G7で比較されてしまうと、日本の気候変動対策の実のなさが露呈してしまう。
G7の気候・環境相会合に向け、議長国・英国が「2030年までに石炭火力発電所全廃」など化石燃料の利用規制を合意文書に盛り込むことを各国に提案したことが、政府関係者への取材で明らかになりました。日本は石炭火力の継続方針を変えていません。
G7気候・環境相会合の議長国・英国が「2030年までに石炭火力発電所全廃」を合意文書に盛り込むことを提案。G7のうち廃止時期を表明していないのは日米2カ国
まぁ、「日本でリード」なんて虚言だったからね。
「主要7カ国(G7)の気候・環境相会合に向け、議長国・英国が「2030年までに石炭火力発電所全廃」など化石燃料の利用規制を合意文書に盛り込むことを各国に提案した。…石炭火力の継続方針を変えていない日本は、提案通りに受け入れることは困難だ」
英がG7で火力全廃を提案 気候変動「日米でリード」に黄信号...
英がG7で火力全廃を提案
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR