TOP > 国際 > 中国の「包囲網」構築へ フランス軍と初訓練、近づく日本と欧州 | 毎日新聞

中国の「包囲網」構築へ フランス軍と初訓練、近づく日本と欧州 | 毎日新聞

19コメント 2021-05-16 20:58  毎日新聞

 陸上自衛隊と米海兵隊、フランス陸軍による離島防衛訓練が15日、陸自霧島演習場(宮崎県えびの市、鹿児島県湧水町)で行われた。仏軍が日本国内に上陸して演習に参加するのは初めて。沖縄県・尖閣諸島周辺や太平...

ツイッターのコメント(19)

5/16 > 訓練は仏側から日本側に持ちかけた。
2021/05/21(土)
ーーーーー
数日前の毎日新聞の記事より。
コロナ禍が現在非常に深刻ですが、世界情勢は確実に「アフター・コロナ」に移行しつつあるのか。物騒なことにならないように祈ります。
戦う前にしなければならない事
『同盟国を増やす』
今の中国じゃいっしょに戦ってくれる国なんて無さそうだね。
合同訓練って抑止力になるな
ガソリンの無駄にはならないwww
フランスもアメリカも中国、台湾とは本国は遥か遠く。ここで衝突しても兵隊の犠牲で済む。
近いのは日本だけ。それもすぐの距離。
有事になればどうなるかな。
バリバリ実戦経験のある仏軍と自衛
自衛隊、興味深い。
ぞっとする🥶
中国包囲網の持続性という問題もあるが、安全保障化の末に対立が尖鋭化しないよう管理できるのか、心許なし。
「仏軍が日本国内に上陸して演習に参加するのは初めて。...日本は英国、ドイツなど欧州各国とも安全保障分野での連携強化を図る方針で、中国へのけん制を強めている」(畠山嵩、久野華代)
欧州政治さっぱりわからないので、ドイツの緑の党が言われているほど中国に厳しいのかどうかも知りたい→“EU加盟国内では、ドイツの中国への輸出額が突出して多いなど、中国との利害関係に濃淡がある。今後、結束が保てるかは見通せていない”
大歓迎すべきこと。中国の尖閣諸島占拠だけでなく台湾侵攻をも考慮した訓練だろ。ここまでやるのは欧州も中国の脅威にようやく本気で目覚めたという印だわな。
たまにマトモな記事もあるので今月からデジタル版毎日を購読してます。
有料版は産経、JBpress、WSJ、そして毎日、ここらで止めておかないと小遣いが激減しそう!w
フランス陸軍からのオファーでフランス共和国陸軍、
アメリカ合衆国海兵隊、日本陸上自衛隊合同訓練が日本国内で実現。フランスが離島奪還作戦訓練に参加かぁ。
インド太平洋地域の排他的経済水域は約900万平方キロに達するが、駐留する兵力は2900人に過ぎない。欧州のある大国が急速にインド太平洋地域の安全保障への関与を強めています。その背景にあるのは……
好むと好まざるにかかわらず日本が、米中というよりも自由民主主義勢力と「専制勢力」との対立の最前線にあることを痛感させる。この構図ではロシアは中国側だ。>
政敵をすべて潰してのし上がった習近平。
このまま放置すれば第二のヒトラーかスターリンか?
アジアの中の日本を逸脱するスガ政権
ダチョウ倶楽部の「どうぞどうぞ」。
もちろん日本は単独で中国に挑むワケがない。
なので連携して中国に近づき、いよいよとなったら「土俵に上がっているのは日中」・・そしてハシゴは外される
陸上自衛隊と米海兵隊、フランス陸軍による離島防衛訓練が、陸自霧島演習場で行われました。仏軍が日本国内に上陸して演習に参加するのは初めてです。どのような狙いがあるのでしょうか。
陸上自衛隊と米海兵隊、フランス陸軍による離島防衛訓練が陸自霧島演習場(宮崎県、鹿児島県)で行われました。仏軍が初参加となった今回の演習の狙いとは。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR