TOP > スポーツ > 検証:広がる五輪懐疑論 開催可否で政局、聖火は尻すぼみ | 毎日新聞

検証:広がる五輪懐疑論 開催可否で政局、聖火は尻すぼみ | 毎日新聞

13コメント 2021-05-16 05:27  毎日新聞

 東京オリンピックの開幕まで70日を切ったが、大会が近づくにつれて不安も高まっている。新型コロナウイルスに打ち勝った証しとしての祭典は開けるのか。関係者の間に疑心暗鬼が深まる中、中止を意味する「Xデー...

ツイッターのコメント(13)

やるも地獄、やらぬも地獄かぁ(^-^;
やるも地獄、やらぬも地獄といった様子かしら。

検証
各国の皆さん、日本はお・も・て・な・しから、や、く、びょ、う、が、みのメッセージに変更になりました。アスリートはバブルで監視付き、外国の広報関係者は規則違反は国外退去、よそ者警戒です証
いいかげんに茶番は止めろ。
<報道各社の世論調査でも「中止・延期」が6~7割台を占める状況が続き、大会関係者には「民意を読む小池百合子東京都知事が開催返上を言い出すのでは」との臆測が広がる。
相変わらずの不平等条約!違約金請求 検証
ある大会関係者は「中止しても誰も幸せにならない。このまま突き進むしかない」とつぶやく。 
→ 万人単位での感染者が増え、変異株で死亡者が激増予測! どこの国が補償するのか!ガースー義偉か?!
法曹界の識者によると、中止の「違約金」は記されていないが、不可抗力条項がない以上、開催義務を持つ日本側から中止を申し出れば、IOCへの賠償責任が生じるという見解で共通する。
感染拡大リスクと医療のキャパシティーをきちんと評価すれば、自ずと結論は見えてくるのでは。

政府がリスクをどのように評価し、それに基づきどのような対策を練っているのかが具体的に見えない限り、首相がいくら「...
『菅義偉首相は「選手や大会関係者の感染対策をしっかり講じ、安心して参加できるようにするとともに、国民の命と健康を守っていく」と繰り返すばかりで…』こんな夢の様な対策があるなら早くから実施して欲しいものだナ!?
賠償を恐れてオリンピックを開催するのであれば、とんでもない話だ。
仮に賠償を求められても、払うか払わないかは後の話。
もちろん払わない方向で交渉するだけ。
金は取り返せるが、命は取り返せない。
😩>"大会関係者「中止しても誰も幸せにならない。このまま突き進むしかない」"


■中止なら巨額賠償?
どうなる、どうする東京五輪。日本側から中止を申し出れば、IOCへの賠償責任が生じるというのが法曹者の共通見解です。ある大会関係者は「中止しても誰も幸せにならない。このまま突き進むしかない」と。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR