TOP > 社会 > ワクチン接種副反応「実態解明し不安解消したい」 岐阜の病院長 | 毎日新聞

ワクチン接種副反応「実態解明し不安解消したい」 岐阜の病院長 | 毎日新聞

13コメント 2021-05-15 21:12  毎日新聞

 全国的な感染再拡大が深刻な新型コロナウイルスの感染対策について、私たちはどのように向き合っていけばよいのか。医療従事者への「先行接種」として2月から岐阜県内で最も早くワクチンの接種がスタートした国立...

ツイッターのコメント(13)

先日、知人の医師に取材したときに出た話とほぼ同じ内容。ある程度の副反応は一時的に仕方がないわなぁ。先々考えるとね。

センター職員のワクチン接種状況は。◆全職員442人のうち9割の396人が3月までに接種を受けた。残り1割の職員は接種を希望しなかった。また107人の委託職員も含めると、当院の関係者計503人が2回の接種を受けた
ワクチン接種について
この病院長の話がわかりやすい
副反応の出現は、高齢者より若年者の方が多く、特に若い女性が多い。多くは数日以内に改善している。

かなり高い確率で副反応が出るようだが、ワクチンは打つべきか⁉️

.

ワクチン接種副反応「実態解明し不安解消したい」
国立病院機構・長良医療センター(岐阜市長良)の松久卓院長(64)の発言

「インフルエンザが流行しなかったのは、感染症予防につながるマスク着用や手洗いの徹底、会食の機会を減らすといった行動が大きいと思う。」

インフルワクチンは意味が無いと証明されましたね
ソース
要は推進してるStyle
ワクチンの副反応についても率直に語っていて好感が持てた。マスコミも「ワクチン注射はチクっとした位で何でもなかった」式のバカな垂れ流しは止めた方が良かろう。却って憶測を呼んで逆効果だと思うが…。
血栓が出来てしまう可能性があるから…
37・5度以上の発熱があった人が38・1%。注射を打った局所の痛みを訴える人が91・1%。全身倦怠感が69・3%、頭痛が53・6%。いずれも2回目の接種の翌日が多い。
岐阜県内で最も早く がスタートした
国立病院機構・長良医療センター院長

「全職員442人のうち
9割の396人が3月までに接種を受けた
残り1割の職員は接種を希望しなかった
また107人の委託職員も含めると
当院の関係者 計503人が2回の接種を受けた」
ワクチン副反応について
病院スタッフの皆さんが受けてみてわかったことが詳しく書かれています。
しっかり読んで心構えして受けましょう。
未来永劫、今のようなマスク生活を強いられるのか――。
長良医療センターの松久卓院長は「流行を抑えることができれば、以前のような生活が送れるはずだ。明けない夜はないと信じている」と語りました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR