TOP > 社会 > 川辺川ダム緊急放流資料、熊本県も破棄 整備局へ「公表慎重に」 | 毎日新聞

川辺川ダム緊急放流資料、熊本県も破棄 整備局へ「公表慎重に」 | 毎日新聞

13コメント 2021-05-15 17:41  毎日新聞

 熊本県の川辺川で国が建設を検討しているダムの異常洪水時防災操作(緊急放流)に関する試算資料を、国土交通省九州地方整備局が破棄した問題で、資料の提供を受けていた県も破棄していたことが県への取材で明らか...

ツイッターのコメント(13)

「県側が「地元が心配する」として公表には慎重を期すよう整備局側に求めていた」「九州豪雨では球磨川上流の市房ダムで緊急放流寸前…住民からは川辺川の新たなダムについても緊急放流を不安視する声」> 毎日
この国には間髪をいれず破棄するルールがあるようだ。ある種の文書はたちどころに消える。
|

一方で緊急放流については「住民の関心が高く、しっかり検証した方がいい。ダムの大きさや構造などがある程度固まったら『こういう場合はこうなる』と正しい情報を伝えた方がいいと思っている」と語った。
これよく出てくるけどいまいち何が問題なのかよく分かってない。
というか地整が直接やってるのこれ?
「流域住民からは川辺川の新たなダムについても緊急放流を不安視する声が出ている」
昨年の豪雨災害をうけてダム建設再開の機運が高まる中、ダムによる治水効果より出来た後の緊急放流の危険を煽るのは本末転倒。
熊本県の川辺川で国が建設を検討しているダムの異常洪水時防災操作(緊急放流)に関する試算資料を、国土交通省九州地方整備局が破棄した問題で、資料の提供を受けていた県も破棄していたことが
臭いものには蓋をする。
都合悪いものは廃棄する。
決して主権者には事実を告げない。
公僕が生意気だぞ。
問題ない、とは誰も思わないでしょ #
整備局の対応も安易だと思うが、県も不信感しか持たれん行動を取るのはどうやねん。
こんな事をやってたら流域住民の反発が強まって、治水整備が進まずにまた氾濫被害って事になりかねんぞ。
地方公務員への、関係省庁の圧のかけ方を調べてみて欲しいです。無茶ぶり、俺様、責任転嫁は当たり前、凄いですよ。
熊本県の川辺川で国が建設を検討しているダムの異常洪水時防災操作(緊急放流)に関する試算資料を、国土交通省九州地方整備局が破棄した問題で、資料の提供を受けていた県も破棄していたことが県への取材で明らかになりました。
川辺川ダムの緊急放流に関する試算資料を、国交省九州地方整備局が破棄した問題で、資料の提供を受けていた熊本県も破棄していたことが分かりました。
整備局へ「公表慎重に」...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR