「宗教理由にウイグル族ら弾圧」と中国批判 米国務省報告書 | 毎日新聞

14コメント 2021-05-13 02:22 毎日新聞

 米国務省は12日、世界の信教の自由に関する2020年版報告書を公表した。ブリンケン国務長官は記者会見で、中国政府による新疆ウイグル自治区でのイスラム教徒の少数民族ウイグル族らへの弾圧などについて「中...

ツイッターのコメント(14)

いじめは絶対に許さないと思う人は、もっと酷いジェノサイドを許してはいけない。毎日新聞なら信じてくれますか?
「オーストラリアの研究機関「戦略政策研究所」(ASPI)が20年9月に公表した報告書を引用し、自治区で全体の65%にあたる約1万6000のモスク(礼拝所)が破壊されるなどしたと紹介。」
ウイグル族ら弾圧 ブリンケン国務長官が言及
ウイグル人の家庭に監視目的で中国人が同居している事にも言及。今まで、多くの大手企業が彼らの労働力を利用していたため各国政府も触れられなかった事実が、次々と明るみに晒されています。
「中国は宗教的表現を広く犯罪と捉えている」。米国の国務省が発表した信教の自由に関する報告書では、新疆自治区の現状を強く批判している。毎日新聞ワシントン支局の鈴木記者
中国当局は18年以降に少なくとも518人の宗教家を拘束したとした。イスラム教徒の出生率を下げるために不妊手術を強制し、礼拝などの宗教行為を行っていないことを確認するために家宅捜索を実施したなどと指摘
「中国は宗教的表現を広く犯罪と捉えている。ウイグル族らに対する人道に対する罪とジェノサイドを続けている」(ブリンケン国務長官)

 米国務省報告書(毎日)
早くなんとかしてあげてよー
ブリンケン国務長官「中国は宗教的表現を広く犯罪と捉えている。ウイグル族らに対する人道に対する罪とジェノサイドを続けている」
【極悪欺瞞翼賛洗脳米国傀儡:毎日新聞・鈴木一生】
★米軍が中東やアフガンで殺しまくっとるIS、アルカイダ、タリバンとウイグルのイスラム原理主義組織とは同じもんやで。矯正施設で再教育の方が正常やろ。
ブリンケン国務長官は記者会見で、「中国は宗教的表現を広く犯罪と捉えている。ウイグル族らに対する人道に対する罪とジェノサイドを続けている」と批判した
米国務省は12日、世界の信教の自由に関する2020年版報告書を公表。「ウイグル族らに対する人道に対する罪とジェノサイドを続けている」と中国を批判しました。
米国務省報告書...
(毎日新聞) ブリンケン米国務長官=ワシントンで2021年4月27日、APSecretary of
以上
 
PR