宇宙ワイン、推定1億円で発売 ISSで熟成「味の成分に違い」 | 毎日新聞

15コメント 2021-05-07 08:31 毎日新聞

 競売大手クリスティーズは6日までに、国際宇宙ステーション(ISS)で14カ月熟成したフランス・ボルドー産の赤ワイン「ペトリュス2000」を直接交渉によるプライベートセール方式で発売したと発表した。米...

ツイッターのコメント(15)

宇宙のプレミア系ではやっぱり大気圏突入ローストコーヒーを超えるものはない!あれは結局どうなったんだろ?
しかもペトリュス🥺🥺🥺
「宇宙ワインのボトル1本の売却価格は推定100万ドル。ペトリュス2000の通常価格は約6000ドル。」

宇宙に行くことで値段が167倍に。

宇宙熟成x単価高いx大量に運べるお高いお酒を持っていったらロケットの運搬代もペイする?

地球上の高いお酒、億超えとかもあるのか……。
どんな風に味が変わるのか興味ありますね。焼酎や泡盛でも変わったりするのかなあ?
すごっ😳🍷🍾 >>
👽️宇宙、どんな食べ物が合うかな

👾宇宙漬物とかどうか
顕著な違いが見られた(美味しいとは言っていない)
かな……成分沈澱が発生しにくくなって味が変わるのかな??いまいち分からんから気になるけどそもそもワイン飲まないw
「無重力ワイン」ノホウガ(’-’*) カッコヨクネ?
ルパンで超高価なワインを盗み出して飲んだらまずかったって回があったっけ。
宇宙で強い放射線を浴びて変化したワイン飲みたい。
強い放射線を浴びたワイン。
朝からアレですが、飲んでみたい! あっ、買えないw
国際宇宙ステーションで14カ月熟成したフランス・ボルドー産の赤ワインが発売されました。値段は1本、推定1億円。味の方は「色や香り、味の成分に顕著な違いが認められた」そうです。
ISSで熟成「味の成分に違い」...
以上
 
PR